このページの本文へ

ユーザーニーズを踏まえて設計、小型店舗に最適化

エレコム、小型店舗向けの屋内/屋外型ネットワークカメラ

2017年03月07日 17時28分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヴァンダルドーム、ミニドーム、バレットタイプそれぞれが用意される

 エレコムは3月7日、法人向けのPoE対応ネットワークカメラ「NCBシリーズ」3モデルを発表した。

 利用者の要望に基づいて設置や設定、仕様を固めたモデル。小規模店舗を始めとした小型ネットワークに適したモデルとなっている。いずれもPoE受電に対応しておりカメラ周辺での電源工事が不要。フルHD(30fps)で録画が可能で、水平画角113度という広視野角、低照度対応。2年間保証のほか、管理ソフトウェアを無償で利用できる。

 「NCB-DP200BUWH」は、頑丈なボディをヴァンダルドームタイプで屋外でも使用できる防水仕様。IRナイトビュー機能付き。「NCB-DP200AWWH」は屋内専用のミニドームタイプ。小型サイズで目立たないのが特長。「NCB-DP200BWGR」は屋外設置に適した防水仕様のバレットタイプで、IRナイトビュー付き。詳細仕様および発売時期などは後日発表予定。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース