このページの本文へ

DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ徹底大特集第2回

歩数計のエフェクトが斜め上すぎる

「歩かないとホコリで見えない……」ディーゼルの大胆な方法で行動を促すスマートウォッチ

2017年10月25日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アプリ一覧からStep Goalsを起動

 「DieselOn タッチスクリーン スマートウォッチ」(以下DieselOn)には、「Step Goals」というアプリが標準でインストールされています。これは1日の目標歩数を設定し、DieselOnを歩数計として使える機能です。

毎日最低限これだけは歩いておきたい歩数を選んでタップ

 DieselOnはAndroid Wear2.0を搭載しているので、iPhoneユーザーも利用できて設定もカンタン。アプリ一覧からStep Goalsを起動させると、200歩単位で歩数が選べるようになっているので、上下にスワイプさせて目標歩数をタップするだけでオーケーです。

フェイスのカスタマイズ画面で「データ」をタップ

 現在どれくらい歩いているかは、「Heads Up Display」なら常にチェック可能。Heads Up Displayは、ユーザーが設定したフェイスをダブルタップすると、デジタルのフェイスに切り替わる機能です。

3つあるサブダイヤルのいちばん下に歩数が表示されている

 アナログフェイスの場合は、フェイスのカスタマイズ画面で「データ」をタップし、「Dieselアクティビティ」を選ぶと、サブダイヤルに現在の歩数を表示します。

 なおDieselOnは、アナログ/デジタルフェイスのどちらでも、設定可能領域であればユーザーの好きなポジションに、歩数を表示することができます。

Heads Up Displayでデジタルに切り替えると左に歩数、右には達成度を表示

 またHeads Up Displayのデジタルフェイスの場合は、画面下部に標準で現在の歩数を表示。さらにStep Goalsで設定した歩数の達成度をパーセントで表示してくれるので、あとどれくらい歩けばいいかわかりやすくなっています。

DieselOnは「インタラクティブエフェクト機能」がおもしろい

 歩数をチェックするだけならこれで問題ありませんが、文字の表示が意外と小さいので、ディスプレーをしっかりと見ないと歩数を把握しにくいのが難点。そこでオススメなのが「インタラクティブエフェクト機能」の「アクティビティモード」です。

Dial Effectから「アクティビティモード」を選ぶ

 アプリ一覧からDial Effectを起動させてアクティビティモードを選択すると、ディスプレーにホコリが積もって曇ったような表示になります。この曇り具合は、Step Goalsで設定した歩数の達成度合いと連携していて、達成度が高ければ高いほどクリアになっていき、設定歩数を超えるとエフェクトなしの文字盤が表示されます。

撮影のため一日の目標歩数を2万歩に変更。すると達成度は23%なので、フェイスの曇り具合がキツくて、時計なのに時間が見にくい!
一日の目標歩数を7000歩に下げてみた。すると達成度が66%になり、かなり観やすくなった

 これならディスプレーを凝視しなくても、何歩くらい歩いたか曇り具合ですぐにわかります。しかも目標達成までが遠ければ、どんどんホコリが積もり曇って見えにくいので「もっと歩かなきゃ!」という気分にもなりますよ!


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事