このページの本文へ

【ドコモ冬スマホ】Xperia XZ1にGalaxy Note 8、2画面スマホも!第18回

小型Xperia好きが新コンパクトモデル「Xperia XZ1 Compact」を斬る

2017年10月22日 12時00分更新

文● 二子/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Xperiaの小型モデルに興味があり、歴代のコンパクトXperiaのまとめ記事を作るくらいには好きで、ついでに前モデルの「Xperia X Compact」ユーザーでもある筆者が、新モデル「Xperia XZ1 Compact」について、発表会で撮影した写真を中心にチェックしていく。

片手操作しやすいAndroidスマホと言えば、やっぱりコンパクトXperia。最新機種「Xperia XZ1 Compact」を見る!

プラスチッキーな外観から
金属風塗装になったのが最大の変化点

 前述の記事でも紹介しているが、画面サイズが4.6型になった「Xperia Z3 Compact」以降、コンパクトXperiaのサイズ感に大きな変化はない。それはXperia XZ1 Compactでも同様。側面の電源キーと一体化された指紋センサーも同じ。落とす心配なく安定して片手操作ができるサイズはなによりの魅力だ。

サイズ感が特に変わらないのは今回も同じ。ディスプレーもHD解像度の4.6型のままだ
側面に指紋センサー一体型の電源キーが。前モデルから認識精度も高くなった

 本体の筐体が樹脂製であることはXperia X Compactと同じだが、光沢感があり、プラスチッキーな感じだった前モデルに対し、金属風の塗装になったので外観から受ける印象は大きく変わった。前モデルも気に入ってはいたのだが(オーナーとしての贔屓目込みとは言え)、プレミアム感はXperia XZ1 Compactがやはり上。また前モデルは分厚いのがやや弱点だったが(約9.5mm)、数字自体は0.2mmしか変わらないのに塗装のせいか、もっとスリムになった印象。ただし、わずか8gとは言え、重量が増えたのは実感できる。

背面は金属風の塗装に変更
Xperia X Compactとの比較。光沢感がある前モデルからの印象の変化は大きい。厚みはさほど変わらない。側面のキーの配置が変更されている

 カラバリはWhite Silver、Black、Horizon Blue、Twilight Pinkで、個人的に気に入ったのはサラッとした感じのピンクが魅力的なTwilight Pinkだが、白+銀という昨今の流行(?)とも言えるWhite Silverも金属風の塗装とのマッチングがよく、印象的だった。

まずはWhite Silver。前面のフレーム部は淡くキラキラとした演出が
続いてはBlack。シックで塊感がある筐体。ちなみにSIM&SDカードスロットは今回も指で引き出せるタイプで便利
最後はHorizon Blue。USB端子は前モデルに続いてType-Cだ

 スペック的にはハイエンドCPUである「Snapdragon 835」を搭載したのが注目を集めている。Xperia X Compactではミドルハイ向けのSnapdragon 650だったが、(あまりスマホでゲームをしない)筆者の場合は不満が生じることはほぼなく、それでいてバッテリーの持ちがよい印象だったので、どうなのだろうとも思っている。一方で「Snapdragon 835の実場面での省電力性能はとても高い」という開発者の話を聞いたこともあるので、ここは実機で試したいところ。ちなみに単純な連続待受時間では短くなっている一方、ドコモ基準の「電池持ち時間」では約95時間から約140時間へと大きく伸びている。

 リアカメラは夏モデルのXperia XZsから採用の、ピクセルサイズが大型された1920万画素センサーを搭載。4K動画の録画にも対応した。インカメラは800万画素だが、Xperia X Compactは510万画素だったので進化点になる。また、インカメラの広角レンズを売りにしている点は(Xperia XZ1よりも広角)、イマドキと言える要素だ。

インカメラが広角なのが売り。たとえばiPhoneでは3人までしかフレームに入らないが、Xperia XZ1 Compactは全員入るというのがこの展示でのアピールだ

 発売は11月中旬を予定。今回も現時点ではドコモからのみの発表となっている。

今回もコンパクトXperiaを求めるなら、ドコモを選ぶしかない!?
  Xperia XZ1 Compact
SO-02K
Xperia X Compact
SO-02J
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4.6型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ 約65×129×9.3mm 約65×129×9.5mm
重量 約143g 約135g
CPU Snapdragon 835
2.45GHz+1.9GHz
(オクタコア)
Snapdragon 650
1.8GHz+1.4GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB 3GB
内蔵ストレージ 32GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0 Android 6.0→7.0
(→8.0予定)
最大通信速度 下り最大644Mbps 下り最大262.5Mbps
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素
/イン:800万画素
リア:2300万画素
/イン:510万画素
バッテリー容量 2700mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/×
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
連続待受時間(LTE/3G) 約430時間/約460時間 約540時間/約600時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1290分/約1010分 約850分/約730分
カラバリ White Silver、Black、Horizon Blue、Twilight Pink Mist Blue、White、Universe Black、Soft Pink

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART