このページの本文へ

【ドコモ冬スマホ】Xperia XZ1にGalaxy Note 8、2画面スマホも!第2回

ドコモ版XZ1は自分をマチキャラにできる

4CAの新エリアにも対応する「Xperia XZ1 SO-01K」がドコモから11月発売

2017年10月18日 11時15分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモは10月18日、2017年冬モデルとして「Xperia XZ1 SO-01K」を発表しました。発売時期は11月上旬の予定です。

 Xperia XZ1は、HDRコンテンツの再生に対応した5.2型フルHD解像度(1080×1920ドット)液晶を搭載。CPUはSnapdragon 835、メモリーは4GB、ストレージは64GB。通信まわりのスペックとしては、3CA+4×4 MIMOで提供される下り最大788Mbps、10月末より全国約480都市で展開予定で4CAで提供される下り最大644Mbpsの通信速度に対応しています

Moonlit Blue
Warm Silver
Black
Venus Pink

 カメラスペックは背面が約1920万画素のMotion Eyeカメラ、正面に約1320万画素となっており、正面カメラを使ったセルフィー時には画面がライトの役割を果たすディスプレイフラッシュに対応。

 前機種「Xpeira XZs」で搭載されたMotion Eyeカメラでは新たに、先読み撮影時の笑顔検出と連写撮影時のAF、人や物の3DモデルをXperiaで撮るだけで作成できる「3Dクリエイター」が利用可能です。

 3Dクリエイターで作成したデータは、カメラ機能「ARエフェクト」で現実空間に取り込んだ形で遊べたり、専用サイトにアップしてSNS上でシェアしたり、DMM.makeの3Dプリントサービスに送信できたりなど、活用可能。さらに、ドコモ版ではひつじの執事でお馴染みで、ホーム画面で最新の情報を教えてくれる「マチキャラ」としても設定可能です(いずれも11月以降のアップデートで対応)。

3Dクリエイターで作成したデータをマチキャラにできるドコモ版XZ1(写真はグローバル版)

 決定的瞬間を逃さないカメラ性能に、楽しい3Dモデル作成機能。そして、ドコモの展開する新しいネットワークの恩恵をフルに受けられるXperia XZ1。冬にドコモの新機種へ買い換えようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

ドコモ「Xperia XZ1」の主なスペック
メーカー ソニーモバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 5.2型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約73×148×7.4mm(最厚部8.1mm)
重量 約156g
CPU Snapdragon 835
2.45GHz+1.9GHz(オクタコア)
内蔵メモリー 4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
OS Android 8.0
最大通信速度 下り最大788Mbps
VoLTE ○(HD+)
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
カメラ画素数 リア:1920万画素
/イン:1320万画素
バッテリー容量 2700mAh
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ○/○
防水/防塵 IPX5,8/IP6X
生体認証 ○(指紋)
USB端子 Type-C
連続待受時間(LTE/3G) 約420時間/約460時間
連続通話時間(LTE/3G) 約1170分/約990分
カラバリ Moonlit Blue、Warm Silver、Black、Venus Pink
発売時期 11月上旬

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART