このページの本文へ

もう再生環境がない押入れにあるフィルムも楽しめる

ケンコー・トキナー、8mmフィルムをデジタル化するコンバーター「KFS-888V」

2017年10月03日 17時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「8mmフィルムコンバーター KFS-888V」

 ケンコー・トキナーは9月29日、8mmフィルムをデジタルデータ化するフィルムコンバーター「8mmフィルムコンバーター KFS-888V」を発表。10月6日に発売する。

 対応する8mmフィルムはスーパー8(シングル8)、レギュラー8(ダブル8)。リールサイズは3号、5号に対応し、およそ353万画素の1/3型CMOS撮像素子で撮影してMP4動画ファイル(1440×1080ドット/30fps、H.264)として出力。SDHCメモリーカードに保存する(映像のみ)。

 露出調整やシャープネス、縦・横・縮小/拡大などのフレーム調整可能。デジタルデータ化するには3号フィルムの場合3分をおよそ35分、5号フィルムの場合は7分をおよそ1時間40分かかる。2.4型液晶モニターを装備するほか、ビデオ出力(NTSC)とUSBインターフェースも備える。

 本体サイズはおよそ幅269×奥行き114×高さ166mm、重量はおよそ1330g。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART