このページの本文へ

USB 3.1接続外付けケース、玄人志向「GW3.5ACX2-U3.1AC」

手軽に高速ストレージが作れる外付けケースが玄人志向から発売に

2017年09月26日 23時50分更新

文● 山県 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 玄人志向から、3.5インチSATA対応HDDを2台搭載可能なUSB 3.1 Gen.2接続の外付けケース「GW3.5ACX2-U3.1AC」が発売された。10Gbpsの高速転送が可能な2ベイ仕様のデバイスだ。

USB 3.1 Gen.2接続の外付けケース「GW3.5ACX2-U3.1AC」。マウンターを使えば2.5インチHDD/SSDも利用できる

 「GW3.5ACX2-U3.1AC」は、先週発売となった2.5インチモデル「GW2.5ACX2-U3.1AC」に続く兄弟モデル。2.5型→3.5型変換マウンターが2個付属するため、3.5インチHDDだけではなく、2.5インチHDD/SSDも利用できる。

 製品のウリであるRAIDモードは、個別に認識させるSINGLEをはじめ、RAID 0(ストライピング)、RAID 1(ミラーリング)、JBOD(スパンニング)の各モードをサポート。本体にあるスイッチで設定可能だ。

USB 3.1 Gen.2をもつ最新環境のPCがあるならぜひとも導入を検討したい「GW3.5ACX2-U3.1AC」

 なお、東芝製2.5インチHDDではRAID 1が利用できない、AlpineRidge第1世代のIntel100シリーズマザーボードの一部では動作が不安定になる(別途USBコントローラーがASMedia製のチップセットの場合は問題なし)、玄人志向から発売されているインターフェースカード「USB3.1AC-P2-PCIE」では使えないといった注意点がある。

 やや制限があるものの、最新環境のPCであれば高速な外付けデバイスが使えるという点では大きな魅力だろう。

 価格は9699円。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中