このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー第77回

ダブルレンズと5000mAhバッテリーで使い勝手良しの「ZenFone Zoom S」

2017年08月20日 12時00分更新

文● 林 佑樹 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSが展開するZenFoneには、いくつかの派生のモデルがある。スタンダードな「ZenFone」、Tango対応の「ZenFone AR」、セルフィー向けの「ZenFone Selfie」、大容量バッテリーの「ZenFone Max」などだ。今回レビューするのは、カメラ機能を強化した「ZenFone Zoom」の後継機、「ZenFone Zoom S」。ふたつのカメラを採用して、より撮影を楽しめる部分ばかりが強調されるが、バッテリー容量5000mAhとZenFone Maxの要素も取り入れている。

ASUS ZenFone Zoom S。カラバリはホワイト。そのほか、ネイビーグレーもある

5.5型でビジュアルはスタンダードなZenFone

 外観から見ていくと、ZenFone Zoom Sは5.5型有機EL(1080×1920ドット)を採用しており、ここ最近のスマホシーンからすると標準的なサイズだ。また有機ELについても、すでにハイスペックモデル専用の部材というわけではなくなりつつある。形状はZenFone 3に近く、ほぼフルフラットで末端分が丸みを帯び、ディスプレーは2.5Dスタイルと、気にすべき特徴はない。なお、強化ガラスにはGorilla Glass5を採用している。

 背面を見ると、後述するダブルカメラがひときわ目立つ。指紋センサーが用意されているほか、USBはType-Cと一般的なインターフェースなので、ダブルレンズ以外は機種変更しても迷わず使えるだろう。

本体正面。ホームキーなどにバックライトLEDはない本体背面。ダブルレンズとレーザーAF、LEDライト、指紋センサーがある
本体頂部にはサブマイクのみ本体底部。スピーカー、USB Type-C、マイク、ヘッドフォン端子。ヘッドフォン端子は端にあるため、横画面時の保持がラクだ
本体左側面。DSDS対応SIMカードスロットがある本体右側面には、電源ボタンとボリュームボタン

 スペックはSoCにミドルクラスの定番であるSnapdragon 625、メモリー4GB、内蔵ストレージ64GB、バッテリー容量5000mAhで、さらにZenFone Zoom Sから他の端末への給電にも対応しており、カメラ強化版ZenFone Maxといえる。DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)にも対応しており、対応バンドは下記表の通り。SIMスロット2は、microSDXCカードと排他なのでmicroSDXCカードを使うならSIMカード2枚挿しはできない。なお、microSDXCカードの最大容量はカタログスペックにないが、64GBまでの認識を確認している。

ミドルクラスのSoCだが
動作に不満はなく良好

 前述のとおり、ミドルクラスのSoCであるSnapdragon 625は、ウェブブラウズやSNS、写真加工などの応答性は良好だ。ゲームについては、3Dグラフィックスを多用するアプリについては、非力と感じるシーンは多いが、そういったシビアな要求をするタイトルは限られているため、あまりゲームをしないのであれば、性能面での心配は不要。

 ホームアプリは、ASUS謹製のZenUIで、ZenFone 3と比べても大きな変更点は見られない。独自機能のGame Genieは非常に優秀。ゲーム画面の録画・配信用だが、ほとんどのアプリを登録可能であるため、ブラウザ画面やアプリの画面を録画・配信したい場合にも重宝する。録画中にレスポンスが悪くなることも、検証した範囲では遭遇しなかった。

ホーム画面ステータスパネルは、ボタン大きめである
設定画面も識別しやすくなっているゲームマネージャー登録画面。スクリーンショットのようにゲーム以外のアプリも任意で登録可能だ
Game GenieをCPU-Zで試してみたところAnTuTu Benchmark v6.2.7の結果。3Dスコアは低いが、そのほかのスコアは良好
ASUS「ZenFone Zoom S」
ディスプレー 5.5型有機EL
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約77×154.3×7.9mm
重量 約170g
CPU Snapdragon 625
2.0GHz(オクタコア)
メモリー 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC
対応ネットワーク LTE:1/2/3/5/7/8/18/19/26/28/38/39/40/41(au VoLTE対応)
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
OS Android 6.0.1→7.1
カメラ画素数 リア:12メガ×2/イン:13メガ
バッテリー容量 5000mAh
SIM形状 nanoSIM×2
カラバリ シルバー、ネイビーブラック
市場予想価格(税込) 5万6000円前後

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART