このページの本文へ

Xperia XZ Premiumロングランレポート ― 第3回

Xperia XZ Premium用のガラスフィルムとケースを購入したのでレビュー!

2017年07月26日 12時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Xperia XZ Premium(SO-04J)」の気になるポイントといえば、テカテカの外観。眺めているぶんには美しいのですが、触って使っているうちに指紋の跡がベタベタとついてしまいます。

指紋がつきやすいのが難点

 それにスマートフォンを裸で使っていると、落としたときに傷が付きやすいのは明らかです。そこで家電量販店でケースを買うことにしました。発売直後に行ったのですが、すでに複数の製品が出ていて選び甲斐が結構あります。

家電量販店にならぶ数多くのケースと保護フィルム

 基本的にスマホケースはフリップタイプが好みで、ディスプレー面には保護フィルムやガラスは貼らずに使っています。ですが今回のXperia XZ Premiumはビデオ撮影機能もかなり進化しているので、取材先でビデオカメラとしても活用させる予定です。そのため、三脚にセットするアダプターに装着して使おうと思っています。

 そこで今回は側面と背面を覆うケースとディスプレー面の保護のためガラスフィルムを購入。Xperia XZ Premiumのケースコーナーを物色していると、ちょうどケースとガラスフィルムがセットになった製品を発見しました。

MSソリューションズの「GLASS + CLEAR SOFT」(実売価格2000円前後)を購入

 フリップケースを使っていたこともあり、ガラスフィルムを自分で貼るのは実に久しぶり。ですが製品パッケージがそのまま貼り付けキットになっているので、ズレたりせずにピッタリと貼れました。よく考えられていますね。

貼り付けキットを使えば位置合わせは簡単

 貼り付けは簡単でしたが、サイズはちょっと不満。一応パッケージに「一回り小さいサイズ」と書いてありましたが、実際貼ってみると1mmほどディスプレー部分がはみ出します。

実測で1mmくらい……でも見た目は結構攻めてない感じに

 Xperia XZ Premiumはベゼルも結構広いので、できればもうちょっと攻めてしっかりとディスプレー面を覆えるフィルムのほうが良かったかも……。

 一方ケースはTPUタイプで着脱しやすいのがいいですね。自分の場合、海外旅行やMVNOのSIMのテストなどで、SIMを装着する機会が多いためケースをよく着脱するので重要なポイントです。

ケースを装着した状態。透明なのでテカテカ感もそこそこ感じられます電源部分の指紋センサー以外はケースの上から押して操作する
背面のカメラ回りは大きめに開けられている

 ただこれも購入前にちゃんとチェックすれば良かったのですが、ケースにストラップホールがないんですよね。Xperia XZ Premiumは本体にもストラップホールがないので、ケースにつけようと思っていたのですが……。まぁ、ストラップホールは海外で使用するときしか装着しないので現状必須ではないんですけどね。

 ちょっと不満な点もありますが、ガラスフィルムとケースは十分使えるレベル。取材中のビデオ撮影も問題なしです。

ビデオ撮影用のアダプターにもケースのまま装着できた

 もし良さそうなガラスフィルムやケースを見つけたらまた試してみるとして、しばらくはこの状態で運用します。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART