このページの本文へ

さくらのVPSに初回作業を軽減するスタートアップスクリプト提供

2017年07月25日 19時15分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは7月24日、「さくらのVPS」の新機能として「スタートアップスクリプト」の提供を開始した。

 スタートアップスクリプトは、サーバー作成完了後の初回起動時に任意の内容を記述したスクリプトを実行し、パッケージのインストールや各種設定作業の自動化などを簡単に実現できる機能。

 必要なアプリケーションのインストールや、サーバー内の各設定を自動化してサーバー作成後の設定作業が軽減できるという。なおスタートアップスクリプトは、さくらのVPSのコントロールパネルから作成・編集ができる。

 対象は2014年11月27日以降に申し込みをしたバージョンv4のサーバーで、料金は無料。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』