このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第417回

10nmをスキップし7nm FinFETに移行 Globalfoundries 半導体ロードマップ

2017年07月24日 11時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は、Globalfoundriesの製品ロードマップを解説する。AMDが全面的に製造を委託しているだけに、ここの動向も当然気になるところである。

TSMCに次いで世界第2位の半導体製造企業となるGlobalfoundries

サムスンと提携し
14LPEと14LPPを提供開始

 さてそのGlobalfoundries、AMD FXやAPU世代では28nm SHP(SuperHighPerformance)プロセスをベースに製造していたが、動作周波数は上がるものの消費電力が大きすぎるということで、Carrizzoの世代ではセルライブラリーを7.5/9トラックのものに切り替えて省電力化を図るという、なんとなく本末転倒な結果に陥っていたのは既報のとおり。

 Globalfoundriesはこの28nmのSHP以外に28nm HPP(High Performance Plus)と28nm SLP(Super Low Power)の2つのプロセスを提供していたが、AMDはこれらのプロセスでは十分なパフォーマンスは確保できないと判断したのだろう。

 Globalfoundriesはこれに続き、20nm LPM(Low Power Mobile)を提供する。ただURLがWayBack Machineというあたりからも分かる通りこの20nm LPMは誰も使ってくれず、結果として同社は2015年にはこの20nm LPMを看板からは外し、代わりに14nmのFinFETプロセスを前面に押し出すことになる。

 もっともその14nm FinFET、当初は14XMと呼ばれる独自のものを提供予定だった。当初、この14XMは2014年中旬から提供開始予定としていた。

 ところが2014年4月にGlobalFoundriesはサムスンと提携を発表。14XMの提供を中止し、その代わりにサムスンの14LPEと14LPPという2種類のプロセスの提供を開始する。

Globalfoundriesとサムスンが提携

 現実問題として、サムスンはこの当時すでに14LPEの量産を開始しており、その一方でGlobalFoundriesは14XMの量産の発表はなかった。

 ただ、AMDを始めいくつかのベンダーが、わりと混乱もなく14LPPでの量産をこの後始めたことを考えると、少なくともサムスンと提携するという発表のだいぶ前に、14XMを捨てて14LPE/14LPPを採用するという決断がなされ、大口の顧客(AMDはその代表だ)に対して説明はしていたと思われる。

 それはともかく、ご存知の通りAMDはこの14LPPプロセスを使い、まず2016年にPolaris GPU、そして2017年にZenコア(Ryzen、EPYC)とVegaコア(Radeon Vega Frontier Edition)をすでに発表。

 まもなくRadeon RX Vegaも発表する予定なのはご存知の通り。結果から言えば2014年から14nmプロセスを利用したBroadwellを投入したインテルに2年ほど遅れた格好ではあるが、PolarisシリーズやRyzenプロセッサーが潤沢に市場に投入されているのを見る限り、14LPPの歩留まりは良好というGlobalfoundriesの言葉に嘘はないと思われる。

 実際、同社の資料によれば、14LPPの欠陥密度は14LPEに比べるとずっと早く収束しており、少なくとも今後も14LPPに関してはあまり心配する必要はないようだ。

来年前半には、14LPPの生産量を20%増やすとしており、AMD以外の製品も順調に出荷されているものと思われる

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン