このページの本文へ

同社AI技術を用いた「RECAIUS 音声トランスレータ(くまモン版)」の語尾が気になる

東芝、熊本「くまモンスクエア」に訪日外国人向けサービスを無償提供

2017年07月18日 16時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RECAIUS 音声トランスレータ」 くまモン版

 東芝は7月18日、熊本県の観光施設「くまモンスクエア」に対し、同社AI技術を用いた訪日外国人向けサービスとビックデータ分析サービスなどを無償提供したと発表した。

 同社のAI 「RECAIUS(リカイアス)」を活用したを音声認識や同時翻訳サービス「RECAIUS 音声トランスレータ」 の「くまモン版」を接客スタッフとして採用。さらに、Wi-Fi型センサーを利用して、施設内のスマホの個数や、そのスマホがそれまでに通過したWi-Fiスポットを分析、来訪者の時間別人数や出身国を推定する旅行者側の事前設定が不要なビッグデータ分析サービスを提供。

7月16日に行なわれた贈呈式の様子

 また、4カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語)に対応したタッチパネル式デジタルサイネージも、「くまモンスクエア」向けに提供する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』