このページの本文へ

猛暑で参加者もCPUも熱くなったCore X シリーズ発売記念イベント

2017年07月15日 20時27分更新

文● ドリル北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル主催の「インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリー発売記念イベント」が秋葉原の各PCパーツショップで開催された。猛暑にも関わらず、各店とも大きな盛り上がりを見せ、新CPUへの注目度の高さを実感できた。

秋葉原のPCパーツショップ各店で行なわれた「インテル Core X シリーズ・プロセッサー・ファミリー発売記念イベント」

 実施店舗は、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、TSUKUMO eX.、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原BUY MORE店、パソコンショップ アークの5店舗。

 Core X シリーズの性能や、X299チップセット搭載マザーボードを、アスキー、インプレスおよびマザーボードメーカー4社が、各店の店頭で解説した。

イベントのオープニングは除幕式

イベントに先立ち、TSUKUMO eX.で除幕式を実施。インテル第三営業本部営業部長の栗原和久氏と、プロジェクトホワイト取締役 営業本部長の後藤賢志氏が幕を降ろした
秋葉原に巨大なCore Xのロゴが現れる

アスキーのセッション

ジサトライッペイと、KTUことライターの加藤勝明氏が、Core Xシリーズの性能をベンチマークの数値を交えて解説するアスキーのセッション
Core Xシリーズの基本的な説明。Skylake-XとKaby Lake-Xの違いとは?CPUクーラーは転用が可能だが、オーバークロックするなら冷却性能が高いクーラーが必要
ベンチマーク結果からCore Xシリーズの性能を細かく解説
アスキーのセッション後は、ジサトラショータがCore i9搭載PCの実働デモを行なった。彼はこのために、背負子にデスクトップPCを載せて、猛暑の中5店舗移動した
炎天下の店頭では、Core i9-7900X搭載デモ機のCPU温度が104度を記録。そのときのCINEBENCHのスコアは2205だったアークは唯一エアコンのきいた店内でのセッションだったので、気を良くしたショータがデモ機を4.6GHzにまでオーバークロック。するとベンチスコアは2480まで上昇した

インプレスのセッション

こちらはインプレスのセッション。ライターの高橋敏也氏と鈴木雅暢氏が、Core Xシリーズの性能をとことん解説した
Skylake-XとKaby Lake-Xの違いをわかりやすく説明。後発のKaby Lakeのほうが高性能と思ってしまうが、Xが付く今回のCPUの場合は、Skylake-Xのほうが高性能
Core Xシリーズが向いている人は、クリエイターやゲーマーだというゲームと同時に録画・配信するなら従来のCPUよりCore Xのほうが良いと、ベンチ結果を元に解説
インプレスも、セッションの後にデモ機を披露。Core i9搭載PCを背負子に載せて歩くという、アスキーと同じ斬新なモバイル方法で店舗間を移動していた

ASUSのセッション

ASUSのセッション
充実したイルミネーション機能が特徴
仮想RAID技術のVROCに対応することなどを強くアピールしていた。なお、RAID 0ならばハードウェアキー(ドングル)なしで環境を構築できるちなみにASUSのセッションは、背負子に背負ったPCで画面を出力していた。彼が熱中症で倒れたら、セッションが行なえないという、パワフルかつスリリングな展開だった

ASRockのセッション

ASRockのセッション
ASRock自らが“変態”と呼称するMini-ITXマザー「X299E-ITX/ac」を先行展示。9月上旬発売予定だ
10Gb/sのLANポートの通信速度を実演。NASのデータをコピーし、その転送速度の速さを実際にデモで披露した
TSUMUKO eX.でのセッションでは、オーバークロッカーの清水貴裕氏がCore i9-7900Xを液体窒素冷却するサプライズデモを実施
Core i9-7990Xを5.6GHzにまでオーバークロック。CINEBENCHでスコア3000超えを達成すると、観客から歓声が挙がった

GIGABYTEのセッション

GIGABYTEのセッション
GIGABYTEのイルミネーション機能は、RGBだけでなくW(ホワイト)用のヘッダピンを搭載しているのが他社にはない特徴デジタルLEDが、スロットなどのアーマーに直接埋め込まれている
背面に装備したバックプレートなど独自機能をアピール

MSIのセッション

MSIのセッション
7月中に発売予定のマザー「X299 XPOWER GAMING AC」のスペックを解説MSI独自のM.2冷却機構「M.2 Shield FROZR」などを紹介した

各店舗のインテルガール

 各店舗のインテルガールを撮影してSNSで拡散すると、インテル・ロゴ入りグッズがもらえた。さらにイベント実施全店舗でのセッションの様子をSNSで拡散すると、「Optane Memory 32GB」が合計25名に当たる抽選会に参加できた。当選確率が高いと、参加者の間で話題になっていた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中