このページの本文へ

スマホとPCをサイバー攻撃から守る術 ― 第2回

PCからのリンク送信を活用してマカフィー リブセーフを速攻導入

私のAndroidスマホをランサムウェアから守りたい!

2017年06月28日 13時00分更新

文● 二瓶朗 編集●村山剛史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

巷を賑わせているランサムウェアやフィッシングサイトといったネット上の脅威から身を守る術をご紹介! たった1本で家族全員のパソコンとスマホすべてを守ってくれるセキュリティ対策製品「マカフィー リブセーフ」とその周辺サービスを駆使していこう。

セキュリティ対策製品「マカフィー リブセーフ」の基本的な使い方からちょっとおトクな小ワザまでお届け!

ランサムウェアはスマホも標的にする! 脅威から逃れる術は?

 Androidスマホも、さまざまな脅威に晒されている。データを人質に取られてしまう最近流行りのランサムウェアをはじめ、公式のGoogle Playからダウンロードできるアプリにマルウェアが仕込まれていた、よく使う通販サイトのURLかと思ったらじつはフィッシングサイトだった、なんて話はよく聞くところだ。

 また、どこかに置き忘れたり、盗難されたりして行方不明! という不測の事態に陥りかねないのもモバイルデバイス全般の弱点といえる。そういった“スマホならでは”の脅威にも「マカフィー リブセーフ」は有効なのだ。

 アプリやSDカードなどから侵入してこようとするウイルスへの対策、怪しいURLへのアクセスをブロック、安全確保されていないWi-Fiへの接続を切断するなど、Androidスマホを安全に使うための機能が揃っている。

 機能の詳細についてはおいおい解説することとして、まずはAndroidスマホへマカフィー リブセーフをインストールする手順について解説していこう。

インストールは簡単! PCからAndroidスマホにリンクを送信でOK

 インストールの前に、まずはマカフィーアカウントを取得しておいてほしいので第1回の記事を参照していただきたい。1本で家族全員のデバイスを守ってくれるのがマカフィー リブセーフ最大の特徴なのだから、この機会にスマホだけでなく手持ちのPCやタブレットにも入れてしまうのが吉だ。

 また、インストール方法はいくつかあるが、PCからマイアカウントにログインして、スマホへダウンロードリンクを送信する方法がラクチンだ。

Androidスマホへのインストール手順 その1
まずはPCからリンクを送信しよう

1. PCで「マイアカウント」にログインしたら、カコミ部分で「モバイル」を選択して「リンクの送信」をクリック
2. モバイル端末(ここではAndroidスマホ)にはメールかSMSでリンクを通知できる。こちらはメールでの送信。メールアドレスを入力して「メールを送信」をクリック
3. SMSでリンクを送る場合は電話番号を入力して「SMSで通知」をクリック
4. 送信完了! ここではメールで送ってみた

Androidスマホへのインストール手順 その2
スマホを操作してマカフィー リブセーフをインストールする

 ここからはリンクを受信したAndroidスマホでの操作となる。なお、使用している端末によってUIなどが異なる場合があるが、その点をご了承いただきたい。筆者の使用端末はASUS「ZenFone 2 Laser」で、OSのバージョンは6.0.1である。

5. すぐにメールが到着する。内容を確認してスクロール6. 本文中の「インストール」をタップする
7. マカフィーのサイトにジャンプする8. 内容をチェックしたら「ダウンロード」をタップする。念のためライセンス登録コードを書き留めておこう
9. するとGoogle Playのインストールページに飛ぶので「インストール」をタップ10. ダウンロードとインストールが完了したら「開く」をタップする

Androidスマホへのインストール手順 その3
初期設定を進めよう

11. めでたくAndroidスマホで「マカフィー モバイルセキュリティ」が起動した!12. 「ようこそ」画面が表示されたら、各種情報を確認して「同意して保護を開始する」をタップ
13. マカフィー リブセーフの機能を有効にするため、各種権限の許可を行う14. こういった確認画面が表示されるので「電話」「SMS」「連絡先」のそれぞれで許可する
15. メールアドレスの確認。これはマカフィー アカウントで登録したメールアドレスと同じはず16. ようこそ画面が表示されるので、使い方などを参照したらいったんホーム画面へ戻ってマカフィー リブセーフを起動
17. 起動直後、PIN番号の入力を求められるので、自分で考えた6ケタの番号を入力しよう。この番号は絶対に忘れないこと18. Android OSのシステムでセキュリティを有効にする必要があるので「有効にする」をタップ
19. Androidの「ユーザー補助」設定で「McAfee Security」オンに20. オンにして「OK」をタップ
21. 再度アプリを起動するとこんな画面が表示される。項目ごとに信号機の色が点いているので、アクションが必要な項目がひと目でわかる。これらの詳細は次の機会に解説しよう。ともかく、これでAndroidスマホへの導入は成功だ!

 Androidスマホへのマカフィー リブセーフのインストールは、PCからのリンク送信を活用すれば、このような感じで一気に済ませることができる。なお、マカフィー リブセーフの機能は多彩なので、それぞれについてはまた改めて解説していくこととしよう。お楽しみに!

カテゴリートップへ

この連載の記事
30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


新世代のセキュリティサービス「マカフィー リブセーフ」に迫る

一覧へ

McAfeeウイルス駆除サービスバナー

McAfeeウイルス被害疑似体験サイトバナー

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから