このページの本文へ

ソニー初の「Dolby ATMOS」「dts:X」対応AVアンプが登場!

2017年05月09日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 ソニーは5月9日、AVアンプの最新モデル「STR-DN1080」を発表した。6月17日発売予定で、希望小売価格は税抜7万7800円。

 同社はAVアンプを2ラインナップを展開するが、そのうちの上位機種を刷新。ついに「Dolby ATMOS」と「dts:X」という、オブジェクトベースの最新サラウンドフォーマットに対応した。

本体背面。7chアンプだ
本体背面。7chアンプだ
音場測定用のマイクはステレオ。これにより3点測量が可能で、仮想的にスピーカー位置を調整できる 音場測定用のマイクはステレオ。これにより3点測量が可能で、仮想的にスピーカー位置を調整できる

 Dolby ATMOSやdts:Xに対応するため、音場自動補正技術の「D.C.A.C EX」を採用。ステレオマイクにより31バンドの調整が行なえる。

従来モデル(STR-DN1070)のメインボード
従来モデル(STR-DN1070)のメインボード
新機種のメインボード。一体成型のフレームになったことでデジタル基板への振動などを排除する
新機種のメインボード。一体成型のフレームになったことでデジタル基板への振動などを排除する

 部屋の都合でスピーカー配置が理想的でなくても、仮想的に最適なスピーカー位置から音が聞こえているようにする「スピーカー・リロケーション」を搭載。

 また、実際には5.1.2chのスピーカー構成であっても、後方2chのスピーカーを仮想的に追加し、7.1.2chのスピーカー構成のように音を鳴らす「ファントム・ファントムサラウンドバック」が利用可能。

 そして、これらの高度なDSP処理を行なうため、3つの32bit DSPを搭載する。

 HDMIは6入力、2出力で、4K60p(4:4:4)パススルーに対応。HDRにも対応する。 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART