このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニーが5万円以下AVアンプを3機種投入 イネーブルスピーカーやラジオも発表

2018年04月03日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「STR-DH790」
「STR-DH790」

 ソニーは4月3日、オーディオ新製品として、AVアンプとイネーブルスピーカー、ポータブルラジオを発表した。

AVアンプは5万円以下の3機種を投入

 AVアンプは、7.1chアンプ「STR-DH790」(6月16日発売、予想実売価格4万8000円前後)、5.1chアンプ「STR-DH590」(4月21日発売、同3万6000円前後)、2chアンプ「STR-DH190」(4月21日発売、同2万5000円前後)を投入。

 DH790は2chの天井スピーカーとして割り当てることができ、Dolby AtmosやDTS:Xのスピーカー構成が可能だ。

 また、DH790は自動音場補正機能の「アドバンストD.C.A.C.」により、スピーカーの位相特性を揃え、スピーカー間の音のつながりがいいサラウンドを実現する。

DH790の背面
DH790の背面
DH590の背面
DH590の背面
DH790とDH590のパワーアンプ

 DH790とDH590は共通でデジタル系回路基板の強化などは施されているほか、フロントスピーカーだけでサラウンド環境を実現できる「S-Force PRO」を搭載。

 HDMI端子は4Kパススルーに対応するほか、HDR信号(HDR 10、HLG、DolbyVision)に対応する。

DH190の背面
DH190の背面

 DH190はアナログレコードプレーヤーの入力を可能とするフォノアンプ(MM対応)を搭載。レコードプレーヤーのボリュームの調整が可能なオフセット機能も用意する。

 Bluetoothに対応しており、スマホなどの音楽をワイヤレスで再生可能だ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン