このページの本文へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

シングルHDDのNASが壊れて嘆く編集Kの選択

Droboの「デュアルディスク冗長化」で大切なデータをがっちり保護!

2017年04月24日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

より安心な「デュアルディスク冗長化」を使うでしょ!

 Droboは、HDDを3台以上搭載した初期状態ではRAID 5相当のデータ保護を行う。だが、デュアルディスク冗長化を有効にすると、RAID 6相当のデータ保護となる。具体的には、同時に2台のHDDが故障してもデータが保全されることになる。NASの故障によってデータを失いかけた経験もあり、ここはより安全に振った設定は必須だ。

 デュアルディスク冗長化を使用するには、WindowsパソコンやMacからDroboの管理を行うDrobo Dashboardというアプリケーション上で、チェックを入れるだけだ。なおデュアルディスク冗長化を使用するためには3台以上のHDDが必要となる。

デュアルディスク冗長化の設定は、Drobo Dashboard上でチェックを入れるだけ

 1.5、2、3、3TBの4台のHDDを搭載した状態で、我がDrobo 5Nは実際に記録できる容量が約3TBという状態になった。サルベージできた虎の子のデータ約1TBを記録してみたが、まだまだ容量には余裕がある。しかもRAID 6相当にデータを保護された状態であるという安心感は大きい。

4台のHDDを搭載した状態
PC上のデータを引っ越してきたが、まだまだ余裕がある
Drobo 5N本体に4台のHDDを搭載した状態。下敷きの箱は、振動緩和用


 

(次ページ、「HGSTのHDDを追加しよう 」に続く)

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART