このページの本文へ

インテル「Xeon E3-1200 v6」シリーズ

Kaby Lakeベースの「Xeon E3-1200 v6」がひっそり販売開始

2017年03月29日 23時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルから、Kaby Lakeアーキテクチャーを採用するワークステーション用CPU「Xeon E3-1200 v6」シリーズが登場。計7モデルのリテールパッケージ版の販売がツクモパソコン本店でスタートした。

Kaby Lakeアーキテクチャーを採用するワークステーション用CPU「Xeon E3-1200 v6」シリーズ

 「Xeon E3-1200 v6」シリーズは、Skylakeベースの従来モデル「Xeon E3-1200 v5」シリーズの後継モデルとなるサーバー・ワークステーション向けCPU。先行して販売中のCore iシリーズと同様、3D XPoint採用のM.2 SSDキャッシュ「Optane Memory」を正式サポート。対応メモリーはDDR4-2133からDDR4-2400へと向上している。

最安モデルは「Xeon E3-1220 v6」の2万4380円。GPU非搭載モデルはTDPが72W。ありモデルは73Wとされる

 対応チップセットも従来通りIntel C236/232。BIOSアップデートで対応すると思われるが、正式対応をうたうマザーボードについては現在確認中とのこと。

正式発表済みの全8モデルの価格が掲載されていた

 今回入荷を確認したのは。以下のリテールパッケージ版7モデル。4コア/8スレッド、キャッシュ8MBは共通仕様で、最上位の「Xeon E3-1280 v6」のみ受注販売とされる。

「Xeon E3-1200 v6」シリーズラインナップ
モデルナンバー クロック 税抜価格
E3-1220v6 定格3.0GHz/tb時3.5GHz 2万4380円
E3-1225v6 定格3.3GHz/tb時3.7GHz/HD Graphics P630 2万6780円
E3-1230v6 定格3.5GHz/tb時3.8GHz 3万1280円
E3-1240v6 定格3.7GHz/tb時4.1GHz 3万3780円
E3-1245v6 定格3.7GHz/tb時4.1GHz/HD Graphics P630 3万5280円
E3-1270v6 定格3.8GHz/tb時4.2GHz 4万580円
E3-1275v6 定格3.8GHz/tb時4.2GHz/HD Graphics P630 4万1880円
E3-1280v6 定格3.9GHz/tb時4.2GHz/バルク版 7万5180円

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中