このページの本文へ

手のひらサイズに収まりネット接続不要で話しかけるだけの多言語翻訳

ウェアラブルな翻訳装置「ili(イリー)」が日本に上陸

2017年01月31日 20時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ili

 ログバーは1月31日、ウェアラブル翻訳装置「ili(イリー)」の日本での展開を発表した。6月よりサービスを開始する。

 iliは手のひらに収まるほどのスティック状デバイスで、インターネットに接続することなく話し言葉の翻訳を可能とする装置。CES 2016で公開されて話題となった。

 ログバーでは、訪日外国人への接客などインバウンド需要を見込み、法人向けに提供を行なうという。オリジナル辞書の追加、多言語対応(日本語/英語/中国語、韓国語対応予定)、翻訳データの抽出などのカスタマイズにも対応。価格は月額3980円/1ライセンス(1台)で法人向けレンタルサービスを予定している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ