このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第392回

業界に痕跡を残して消えたメーカー 格安モデムが秋葉原でも大量に売られたSupra

2017年01月30日 11時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ネットワークつながりというと語弊があるかもしれないが、広義にはネットワーク企業としていいと思うのが今回ご紹介するSupra Corporation。ちなみに途中からSupra Inc.という社名に切り替わっている。

 おそらく日本でも、1992~1993年頃にAT互換機を使っていたユーザーには懐かしい社名ではないかと思う。というのは秋葉原にこのSupraが大量に入荷した時があったからだ。

秋葉原でも並行輸入品が大量に売られた格安モデムSupraModem 2400

PCショップから機器メーカーに大躍進
アタリショックで倒産寸前に

 Supra Corporationの前身はMPP(Microbits Peripheral Products)という。同店は1981年、オレゴン州アルバニーで立ち上げられた。共同出資者はJohn Wiley氏とAlan Ackerman氏の2人だが、2人はこの年高校を卒業したばかりである。

 大学入学までのわずかな期間を使い、2人は自転車店の裏手に10フィート四方のスペースを借り、そこで小さなコンピューターショップとしてMPPが生まれた形だ。

 そんな小さな店だったにも関わらず売上が急速に伸びた結果、1981年秋に2人が大学に入る頃には自転車店を奥に追いやり、MPPが手前に移動するほどだった。

 ただ大学とショップ経営は両立できないので、新たにマネージャーを雇って店を任せたところ、程なく売上げが激減して店を畳む羽目になった。

 これでへこたれない2人は、1982年のWCCF(West Coast Computer Faire)で6ftのスペースを借りて、彼らがデザインしたAtari向けのプリンターを展示する。1982年のWCCFというのは、WCCF史上もっとも盛況だった時でもあり、これもあってか展示中にトータルで8万ドル分以上の注文を受けるに至る。

 ここで2人はコンピューターショップから機器の製造メーカーのビジネスに転換することを決断した。言うまでもなくターゲットはAtariである。そもそもAtari用のプリンターでビジネスを始めたのだからこれは当然であったが、そのAtariの市場は1983年末の「アタリショック」で猛烈な勢いで縮小する。

 このあたりの話は連載第358回で解説したとおりだ。ちなみにアタリショックを助長したものの1つに、史上最悪のゲームの呼び声も高い“E.T.”の存在があるとも言われているが、本稿には関係ないのでおいておく。

 当然アタリショックにより、MPPのビジネスも大打撃を受けることになり、一時は倒産寸前まで追い込まれつつも、なんとか生き延びることに成功する。Atari向けの既存の製品も引き続き売り続けていたらしいが、ビジネスのターゲットをAmigaに切り替える。

 1987年の時点で、同社の主な製品ラインナップは以下のとおり。

Amiga 500向け
Power PC Board MS-DOSのエミュレーターボード
SupraTurbo 28 MC68000を28MHzで動作させるアクセラレーター
SupraRam 500 1/2MBのクロック付き拡張RAM
SupraRam 500RX 8MBのRAM拡張ボード
SupraDrive 1MB FDD
SupraDrive 500XP HDD及び拡張RAMボード
Amiga 2000向け
SupraTurbo 28 MC68000を28MHzで動作させるアクセラレーター
SupraDrive Hard Disk 52MBまたは120MB
WordSync SCSI I/F
SupraRam 2000 8MBのRAM拡張ボード

 正確な日付が不明なのだが、この1987年までに社名はSupra Corporationに変わっている。この社名の由来も不明なのだが、当時の会社の所在地(7101 Supra Drive SW, Albany, OR 97321)にちなんだのではないかという気がする。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン