このページの本文へ

マウスがなくても、手をキーボードに置いたままマウス操作

エレコム、トラックボール付きスタンド式Bluetoothキーボード 1万7280円

2016年12月20日 16時19分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
TK-DCP03BK

 エレコムは12月20日、スタンド式Bluetoothキーボード3製品を発表した。発売は1月中旬。

 3製品ともタブレットを置くことで「電源オン」になり、取り外すと「電源オフ」になる。付属のタブレットアジャスターでスタンド部分を3段階の厚みで調整可能。12.9型までのタブレットなどに対応する。マルチペアリング対応で、スマートフォンやタブレットなど3台までのデバイスを瞬時の切り替えが可能。

 キータイプには、ノートパソコンのキーボードなどで使われるパンタグラフ方式を採用。ボリュームやメディアプレーヤーの操作が可能なマルチファンクションキーも装備している。キーボードのトップケースは指紋が目立ちにくいマット調の表面仕上げを施している。

TK-DCP03BK

 「TK-DCP03BK」はトラックボールを搭載しており、マウスがなくても手をキーボードに置いたままマウス操作ができる。また、USBによる有線接続も可能だ。価格は1万7280円。

TK-DCP02BKTK-DCP01BK

 「TK-DCP02BK」(1万1502)は、環境に合わせて有線接続とBluetoothによる無線接続から選択可能。「TK-DCP01BK」(9580円)はスタンド式のBluetoothキーボードのシンプルモデル。

共通の仕様
設置可能タブレット~12.9型のタブレット、スマートフォン
対応OSWindows 10/8.1、MacOS X 10.9以降、Android 4.1以降、iOS 9.0以降
Bluetoothバージョン3.0 Class2
キー数87キー(日本語配列)
キーピッチ17.5mm
キーストローク1.7mm
キータイプパンタグラフ

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース