このページの本文へ

マウス付属モデルも選べます

テンキーの有無が選べる幅354/435mmスリムなワイヤレスキーボード

2017年06月07日 11時55分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
テンキーレスモデル単品(左画像)とテンキー・マウス付きモデル(右画像)

 エレコムは6月6日、ワイヤレスキーボート単品とワイヤレスマウス・キーボードセットの2タイプ4製品を発表した。発売は6月上旬。

 2.4GHz帯を使用するワイヤレスキーボードのコンパクトモデルで、幅435×奥行き128×高さ35.4mmの日本語109キー配列フルキーボード「TK-FDM087TBK」と、テンキーを省いた幅354×奥行き138×高さ35.4mmの日本語92キー配列「TK-FDM086TBK」をラインアップ。価格はフル配列のTK-FDM087TBK単品が4190円でマウス付きが5735円、テンキーレスのTK-FDM086TBK単品が3812円でマウス付きが5346円。

 キーピッチは19mmを確保しており、キースイッチはキートップをラバードームで支えるメンブレン方式。キートップには見やすいオリジナルフォントを採用している。

 レシーバーはUSBポートから大きくはみ出さない1円玉サイズで、ノートPCに装着したままでも気にならないようにしたという。キーボード本体には傾斜角度を2段階で調整できるスタンドを装備。専用のドライバーは不要で、レシーバーを接続するだけですぐ使える。

 ワイヤレスマウスはパッケージの同一レシーバーでキーボードと両方が使え、レシーバー未使用時はマウス本体内に収納できる。マウス形状は左右対称で、分解能は1200カウント。マウスの本体裏面に電源スイッチや電池残量インジケーターも装備する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース