このページの本文へ

ハイブリッド スマートウォッチ使いこなし講座(iPhone編)第3回

iPhoneのシャッターや音楽をコントロールできる、SKAGEN LINKを使いこなそう

スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチでiPhoneを使いこなすワザ

2016年12月16日 09時00分更新

文● 田口和裕 編集●飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 この連載では、スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチ「HAGEN」のセットアップやiPhoneとの連携、アプリの紹介まで、使いこなしテクニックをわかりやすく手順を追って紹介!

スカーゲンのハイブリッドスマートウォッチなら、自撮り棒を持っていなくてもセルフィーが撮れる

 スカーゲンから発売された「HAGEN」は、タッチパネルディスプレイではなく、従来の時計と同様に長針と短針が実際に動くアナログ針を使ったハイブリッドスマートウォッチだ。

 今回は、iPhoneとペアリングしたHAGENから、iTunesやiPhoneのカメラなどが操作できる便利な機能「SKAGEN LINK」を紹介しよう。

HAGENからiPhoneのカメラで撮影する方法

 「写真を撮影」機能を使うとHAGENの4時位置のボタンを、カメラのシャッターとして使うことができる。三脚を使うなど、iPhoneを手が届かないところにおいてセルフィー撮影をする際に便利だ。

ホーム画面から「Connected」アイコンをタップして起動する
左上の「三」アイコンをタップし、表示されたメニューからSKAGEN LINKをタップする
SKAGEN LINK設定画面で「写真を撮影」をタップする機能の説明が表示されるので画面下部の「OK」をタップする
「写真を撮影」機能が設定されたiPhoneのカメラを起動している状態でHAGENの一番下、4時位置のボタンを押すとカメラのシャッターを切ることができる。長押しするとバースト(連写)撮影になる

 iPhoneのデフォルトのカメラはもちろん、LINEやSNOW、Camera360といった人気のカメラアプリでも、シャッターの操作ができる。

HAGENからiTunesを操作する方法

 「ミュージックコントロール」機能を使うと、HAGENをiTunesの再生・停止・選曲ができるリモコンとして使用することができる。リモコンの付いていないイヤフォンを使用している場合などに便利だ。

SKAGEN LINK設定画面で「ミュージックコントロール」をタップする機能の説明が表示されるので画面下部の「OK」をタップする
「ミュージックコントロール」機能が設定された

 iTunesを起動している状態で、HAGENの一番下、4時位置のボタンを押すと音楽の再生/停止を、2度すばやく押すと次の曲へ、長押しすると前の曲にスキップできる。ボタンの場所や押す回数を忘れてしまったら、SKAGEN LINKアプリに記載されているので、いつでも確認できる。

HAGENからiPhoneを鳴らす方法

 iPhoneをジャケットのポケットに入れたり、部屋のどこかに何気なく置いたため、どこにいったか見失ってしまい探すのに苦労した経験のある人は多いだろう。この機能を設定することでBluetoothの接続範囲内であれば、HAGENのボタンを押すだけでiPhoneの着信音を鳴らして捜索の手助けをしてくれる。

SKAGEN LINK設定画面が表示されるので、まずは右上のスイッチをタップして通知機能をONにする「スマートフォンを鳴らす」機能の説明が表示されるので画面下部の「OK」をタップする

「説明」を表示しないようにするには

説明画面が不要な場合は「今後このメッセージをを表示しない」の右側のスイッチをタップしておく
「スマートフォンを鳴らす」機能が設定された
「着信音」をタップすることで音色を選択できる
4時位置のボタンを押すことでiPhoneの着信音を鳴らすことができる

 iPhoneが無事に見つかり、着信音を止めるためには、ボタンをもう一度押せばよい。しかしiPhoneとHAGENが、Bluetoothでペアリングされている必要があるため、電子レンジなどワイヤレス通信を干渉するものが近くにあったり、iPhoneとHAGENの距離が離れてている場合は接続が切れて鳴らないこともある。

HAGENで「目標」のトラッキングをしよう

 「Connected」アプリには「1日に10回水を飲む」、「1週間に5回運動する」といった「目標」を設定し、記録する機能がある。SKAGEN LINKで「目標のトラッキング」を選ぶと、HAGENのボタンを押すことで達成した目標の回数を簡単に記録しておくことができる。

SKAGEN LINK設定画面の左上の「×」アイコンをタップして「Connected」アプリのトップページに戻り、画面右下の「目標」をタップする

 この機能を利用するにはまず「目標」を設定する必要がある。

目標を追加するため画面中央の「+」をタップする設定できる目標は「水を飲む」と「運動」、そして自由に内容を決められる「目標をカスタマイズ」の3種類。ここでは「水を飲む」を選択する
「頻度は?」をタップして目標とする水を飲む回数(1日3回、1週間に10回など)を設定する
「今後」の右側にあるスイッチをタップして、目標の終了日を設定する
目標の設定が終わったら「チャレンジ開始」をタップする
SKAGEN LINK設定画面に戻り「目標のトラッキング」をタップする機能の説明が表示されるので画面下部の「OK」をタップする
水を飲んだらHAGENの一番下、4時位置のボタンを押すことで、設定した目標を一回実行したことを記録できる
HAGENとiPhoneが同期を行った時点で、「Connected」アプリに実行した目標の回数が反映される

■関連サイト

(提供:フォッシルグループ)

カテゴリートップへ

この連載の記事