このページの本文へ

10月28日よりSKAGEN直営店を皮切りに全国の時計取扱店で順次発売

地味にスゴイ、スカーゲン「アナログ針スマートウォッチ」発売日決定!

2016年10月27日 09時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
9時に位置するサブダイアルにスマホの通知、活動量などを表示、文字盤外周は日にちを表す

Bluetooth経由でスマホ通知を針で表示、バッテリーは最長6ヵ月

 ドイツ・ベルリンで9月に開催された「IFA 2016」で、フォッシルグループが公開したスカーゲン(SKAGEN)のハイブリッドスマートウォッチの日本発売日が決定した。10月28日よりSKAGEN直営店でレザーストラップモデル3型が発売開始、その後全国の時計取扱店で順次発売されるという。

左からステンレススチール(以下SS)ケース×SSストラップ、SSケース×ブラックレザーストラップ、SSケース(ローズゴールドカラー)×ダークブラウンレザーストラップ、チタンケース×ライトブラウンレザーストラップの4型のラインアップ

 「HAGEN」とネーミングされたハイブリッドスマートウォッチは、ミニマルでスタイリッシュなデザインを得意とするスカーゲンらしく、液晶ディスプレーやタッチスクリーンを採用せずに「従来の腕時計らしい外観」を踏襲したシンプルなデザイン。

睡眠や活動量計測、スマホ通知、スマホと連動し自動的にタイムゾーンと日付を変更など、プライベートだけではなくビジネスシーンにも活躍するだろう

 一見、スマートウォッチとはわからないがBluetoothでスマホと接続し、電話やメール、SNSなどの通知をサブダイアルのアナログ針とバイブレーションで知らせるコネクテッドデバイスだ。2時位置や3時位置のプッシュボタンを押すことで「日にち」、「セカンドタイムゾーン」、「アラームの設定時刻」などを簡単に知ることができる。

バッテリーは購入が容易なコイン型電池を採用、ユーザーが自身でケースの裏蓋を開け、電池交換が可能

 iPhone、Androidのスマホともに利用でき、Android 4.4以降またはiOS 8.2以降、iPhone 5以降に対応する。バッテリーは購入が容易なコイン型電池を採用。特殊な充電器は不要で最長6ヵ月とうたう。ケース径は42mm、3気圧防水。価格はSSケースモデルが3万1320円、チタンケースモデルが3万3480円。


■関連サイト

カテゴリートップへ