このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「dynabook AZ65/B」をオフィスワークで使ってみた

9万円からの東芝i7ノートはバッテリーだけで1日”戦える”か!?

2016年11月09日 17時00分更新

文● エースラッシュ 編集○ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」(以下「dynabook AZ65/B」)で映画を見ても、十分に事務作業などを行えそうな余裕がバッテリーにあることを前回紹介した。では純粋にオフィスワーク的な使い方だけの場合バッテリー駆動時間はどうなるのかについて、今回は検証してみた。

東芝ダイレクト限定のWebオリジナルモデル、15.6型ノート「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」

Room1048/東芝ID会員(無料)なら、直販価格9万3000円から!

 東芝製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。たとえば「dynabook AZ65/B 2016冬 Webモデル」の場合、東芝ダイレクトの直販価格は17万5000円(税別)からなのだが、Room1048会員(東芝ID)価格は9万3000円(税別、11月7日現在)からとなっている。なんと、8万円以上もリーズナブルなのだ。512GB SSD搭載モデルでも11万7000円(税別、11月7日現在)からだ。

 この他の東芝製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートPCの購入を考えている方は、とりあえずRoom1048/東芝ID会員(無料)になることを強くオススメしたい!!

軽作業を続けるオフィスワークでバッテリーをチェック

 実際のオフィスワークに近いベンチマークを行なうために、本体の電源オプションを「バランス(推奨)」の設定にしたまま、無線LANに接続。また、周辺機器としてはUSBメモリーをひとつ取り付けた。マウスなどは利用せず、本体のみで利用する形だ。ディスプレー輝度は40%。無操作で5分経過するとディスプレーの電源が切れて暗くなり、15分経過するとスリープになるという設定だ。

電源オプションは「バランス(推奨)」に設定
5分離席するとディスプレーの電源が切られ、15分の離席でスリープになる設定だ

 作業内容は筆者の日常業務としたため、Chromeでいくつかのタブを開きながら、テキストエディターで文章を書く形にした。他に利用したソフトは、音声再生ツールと、Windowsの「フォト」による画像表示、同じくWindowsの「Shipping Tool」によるスクリーンショット作成といったところで、かなり負荷の少ない作業といえるだろう。この状態で、利用時間計測のために「BBench」をキーストロークやWeb巡回なしの状態で実行した。

ウェブブラウザーとテキストエディターを中心とした作業で利用可能時間を計測

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー