このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Core i7-6500U、16GBメモリー、1TBハイブリッドドライブのパワーを探る

東芝の最新15.6型ノート、「dynabook T85/A」の実力をベンチマークで確認

2016年08月25日 10時00分更新

文● 小山安博 編集○ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝の最新15.6型ノートPC「dynabook T85/A」は、A4サイズの大型ボディで、持ち歩くというよりは据え置きで使うタイプの店頭モデル製品。主なスペックとしては、CPUに第6世代インテルCore i7-6500Uを搭載。メモリーは16GBと十分なレベル。また、ストレージは1TBハイブリッドドライブで、フラッシュメモリーを搭載することで転送速度を高速化している。というわけで、その実力を検証するべく、実際にベンチマークでチェックしてみたのだ。

東芝の最新15.6型ノートPC「dynabook T85/A」
掲載写真左から、ブリッジメディアスロット(SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット)、USB 3.0端子×2、HDMI端子(3840×2160ドット/30Hz出力対応)、電源コネクターを搭載
掲載写真左から、セキュリティロック・スロット、有線LAN端子(1000BASE-T)、BDXL対応Blu-ray Discドライブ、USB 2.0端子×2、マイク・ヘッドホン兼用端子
BDドライブを搭載しているので、大画面を生かした映画再生にも利用できる。オンキヨーと共同開発したステレオスピーカーによって臨場感がある

東芝ダイレクト

主なスペック
製品名 dynabook T85/A(店頭モデル) dynabook AZ55/A(Webオリジナルモデル)
価格(税別) 店頭想定価格23万円台後半 直販価格17万6000円から(Room1048会員/東芝ID価格10万6000円から、2016年8月18日現在)
CPU Intel Core i7-6500U(2.5GHz)
メインメモリー(最大) 16GB(16GB) PC3L-12800(DDR3L-1600)
ディスプレー(最大解像度) 15.6型 フルHD(1920×1080ドット)、バックライト
グラフィックス機能 Intel HD Graphics 520(CPU内蔵) NVIDIA GeForce GTX 930M
ストレージ 1TB ハイブリッドドライブ(HDD+NAND型フラッシュメモリー) 1TB HDD
光学式ドライブ BDXL対応Blu-ray Discドライブ DVDスーパーマルチドライブ
LAN機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI端子(3840×2160ドット/30Hz出力対応)、Bluetooth 4.0 USB 3.0端子×2、USB 2.0端子×2、HDMI端子(3840×2160ドット/30Hz出力対応)、アナログRGB端子、Bluetooth 4.0
カメラ 92万画素Webカメラ
メモリーカードスロット SD/SDHC/SDXC対応
キーボード 106キー(テンキー付き)、キーピッチ:19mm、キーストローク:1.5mm
サウンド機能 オンキヨー製ステレオスピーカー、マイク・ヘッドホン兼用端子、デュアルマイク ステレオスピーカー、マイク・ヘッドホン兼用端子、デュアルマイク
セキュリティ 指紋センサー、TPMセキュリティチップ(TCG Ver2.0準拠)など
本体サイズ 約幅379×奥行き258×高さ23.7mm
重量 約2.4kg
バッテリー駆動時間 約6.5時間(JEITA 2.0) 約7時間(JEITA 2.0)
OS Windows 10 Home(64bit)
オフィス Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス なし/Microsoft Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス

東芝ダイレクト

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー