このページの本文へ

内蔵のスピーカーとマイクでハイレゾ録音も可能

36gの軽量設計! ハイレゾ対応のオーディオプレーヤー「SEIUN PLAYER EX-1」

2016年10月06日 18時36分更新

文● 田沢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シルバー

 STAYERホールディングスは10月6日、CYBERDRIVEのハイレゾ対応オーディオプーイヤー「SEIUN PLAYER EX-1」を取り扱うことを発表した。発売は10月上旬。

 本体はおよそ36gのスティック型を採用。MP3、ALAC、FLACなどのファイルを再生でき、最大で192kHz/24bitの音質を再生可能。スピーカーとマイクを内蔵し、再生と同様192kHz/24bitの音質で録音できる。メモリーは内蔵タイプで32GBと64GBモデルをラインアップ。カラバリはシルバーとガンメタルの2色。

ガンメタル使用イメージ
ロスレスフォーマットFLAC/ALAC/APE/WAV
ロッシーフォーマットMP3/AAC/WMA
再生192kHz/24bit(最大値)
録音192kHz/24bit(最大値)FLAC/WAV
内蔵メモリ-32GB/64GB
再生時間およそ12時間(ハイレゾ音源)/およそ24時間(非ハイレゾ音源)
内蔵バッテリー500mAh
サイズ幅27×奥行き97×高さ10mm
重量およそ36g
市場予想価格32GBモデル(1万5984円)、64GBモデル(2万1384円)

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART