このページの本文へ

より現実に近くなる

VR空間を足で歩く!? 足用VRコントローラー「3DRudder」がTGSに出展

2016年09月12日 11時43分更新

文● たかヰトモき/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フランスのマルセイユに本社を置く3DRudder SAは、9月15日(木)から18日(日)まで開催される「東京ゲームショウ2016」にVRモーションコントローラー「3DRudder」を出展すると発表した。

 全世界に向けてSDKをリリースする前に「3DRudder(スリーディーラダー)」を体験することができる。

3DRudder

 3DRudderはアメリカで開かれた家電見本市「CES2016」でイノベーションアワードを受賞したVRコントローラー。

 現在の3Dモーションコントローラーは全ての操作を手で行っているが、現実世界での移動はほとんど足を通して行っているはずだ。3DRudderはそのギャップを埋め、VR環境・3D環境をより現実に近づけるために開発されたとのこと。

 椅子に座って、3DRudderを足で傾けたり、踏み込んだりすることでVR内を移動することができる。

 TGS当日はデモ機、試遊機が設置されるとのこと。日本国内で3DRudderの実機を操作できるはじめての機会となる。

 足で移動する、VR空間で歩けるコントローラーといえば他にもVirtux社が開発中の「Omni」などがある。

 足をVR空間で用いるためのデバイスが今後どれだけ広がっていくか楽しみだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!