このページの本文へ

怪獣になって大暴れ!カプコンのVRアーケードゲーム明後日から体験可能に

2016年09月14日 21時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
特撮体感VR 大怪獣カプドンは、巨大怪獣になり、特撮映画の怪獣になった気分で町を破壊できる

 カプコンは東京・吉祥寺にある「プラサカプコン吉祥寺店」にて、明後日よりアーケード用VRゲーム「特撮体感VR 大怪獣カプドン」の稼働を行なう。事前にメディア体験会が開催されたので、さっそく試遊を行なってきた。

『特撮体感VR 大怪獣カプドン』プロモーション映像

鉄骨で作られた体験スペースは広め。HTC Viveのルームスケールでのプレイスペース(床の黒い部分)は、約5×7メートル四方とのこと
料金は1回500円。チケット購入後、整理券を取ってプレイ順を待つことになる

 特撮体感VR 大怪獣カプドンはVRヘッドマウントディスプレー(VRHMD)の「HTC Vive」を使ったVRコンテンツ。VRコントローラーは両手以外に、両足のサンダルにも取り付けられており、4つのコントローラーで怪獣となったプレイヤーの動きを認識する。VRコントローラーは無線接続できるのが2つまでのため、両手のコントローラーは、HMDの前面に取り付けられたハブにケーブル接続されている。

体験は靴を脱いでVRコントローラーを取り付けたサンダルを履いて行なう
両手のコントローラーはHMD前面のハブに有線で接続されている
プレイヤーは巨大怪獣になっており、小さい動作でも、林立するビルがどんどん破壊されるのが爽快だ

 HMDを被るとプレイヤーは怪獣になる。両手、両足は怪獣のモノになり、手を伸ばしてビルを破壊、足で床を踏むと衝撃波で車などが吹き飛ぶ。コントローラーのトリガーを引くと、手を握って車や人、ヘリコプターを掴み、投げることができる。VRコントローラーのタッチパッドを押し込むと、口から吹く火をためることができ、視点の赤いマークの照準を、顔を動かして合わせ、タッチパッドを放して火を放ち、オブジェクトを破壊できる。

 プレイ時間は約10分。ステージは3つあり、空に表示されている時間内にクリアーする必要がある。

コントローラーを持った手を伸ばして、ビルを破壊!
足で床を踏みつけると、道路が凹み、衝撃波で車などが吹き飛ぶ
空にはタイマーが表示されている。体験スペースの中にある液晶ディスプレーで友達のプレイの様子を確認できる

 ゲームは子供怪獣を助けるとクリアー。子供怪獣はビルに隠れていたり、捕まっているので、各オブジェクトを破壊して救出する。両手のみならず、両足を使う体験は新しく、両手足を動かすごとにビルや車などが次々破壊される体験は、かなりおもしろい。ストレス発散に持ってこいだ。

 内容も複雑でなく、シンプルに楽しめるので、子供から大人まで楽しめる。一般の体験は明後日から行なわれる予定。期間限定の出展になるが、終了日時は未定とのこと。今後、同社のアミューズメント施設に、システムをそのまま持って行く計画もあるとのこと。気になる人は、まず「プラサカプコン吉祥寺店」に訪れてみましょう。

カテゴリートップへ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!

VR体験動画一覧はこちら!