このページの本文へ

Sharkoon「SHARK ZONE K30」「SHARK ZONE WR10」

長いスペースキーが特徴のゲーミングキーボードがSharkoonから登場

2016年06月03日 23時50分更新

文● 藤田忠、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 主にPCケースを展開しているSharkoonのゲーミングデバイスブランド「SHARK ZONE」から、ゲーミングキーボード「SHARK ZONE K30」が発売された。

メンブレンスイッチを採用したかな刻印なしの日本語配列ゲーミングキーボード「SHARK ZONE K30」

 「SHARK ZONE K30」はUSB接続の日本語配列(かな刻印なし)ゲーミングキーボードで、メンブレンスイッチを採用。一般的な製品よりも、長く大きいスペースキーを採用しているのが特徴だ。

 白色LEDを内蔵し、イルミネーション機能や5つのマクロキーと3つのプロファイルキーを備える。付属のソフトウェアには、5つのプロファイルを保存できる。

長く大きなスペースキーや5つのマクロキーを備える

 サイズは幅485×奥行き208×高さ32mm、重量1.21kg。USBケーブルの長さは1.6m。

 なお、同時に手ごろな価格かつ幅が485mmと大きめなキーボードパームレスト「SHARK ZONE WR10」も発売がスタートしている。

サイズは幅485×奥行き80×高さ20mmとなる「SHARK ZONE WR10」

 価格および販売ショップは以下の通りだ。

価格ショップ
「SHARK ZONE K30」
4374円パソコンショップ アーク
4860円ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
「SHARK ZONE WR10」
1458円パソコンショップアーク
1620円ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中