このページの本文へ

「Core i7-6800K」

BUY MORE秋葉原本店がBroadwell-Eの三枚おろしを展示中

2016年06月01日 21時01分更新

文● 藤田忠、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月31日に発売が開始されたIntelのLGA2011-v3向け最新Core i7をさっそく殻割り。「Core i7-6800K」の殻割り品がBUY MORE秋葉原本店展示されていた。

殻割りは、Skylakeなども割っている“殻ワリスト”のとっしー氏の手によるもので、6コアの「Core i7-6800K」で実施

 殻割りを行なったのは、BUY MORE秋葉原本店のお客さんで“殻ワリスト”のとっしー氏で、ガスコンロ、ヒートガンを使用したとのこと。ヒートスプレッダ、CPUコア、ソケット部の三枚おろしになっている。

ヒートスプレッダとCPUコアの間はソルダリングされているのが確認できる

 LGA115x系と違って、ヒートスプレッダとCPUコアの間は、ソルダリング(ハンダ付け)されていて殻割りする必要性はないだけに、CPUコアは滅多に見られないので注目だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中