このページの本文へ

「Core i7-6950X」「Core i7-6900K」「Core i7-6850K」「Core i7-6800K」

最大10コア/20スレッドの“Broadwell-E”が発売解禁!

2016年05月31日 23時50分更新

文● 藤田忠、編集●オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 31日にインテルから正式発表された、開発コードネーム“Broadwell-E”こと、LGA2011-v3の新型Core i7シリーズの販売がスタートした。Core i7シリーズで史上最多となる10コア/20スレッドの「Core i7-6950X」を含めた4モデルが購入可能になっている。

 ハイエンド向けの新型LGA2011-v3版Core i7シリーズは、Haswell-E世代から製造プロセスルールが22nm→14nmに微細化。最上位モデルのコア数はCore i7シリーズでは初となる10コアになり、HT時では20スレッド動作が可能になっている。対応チップセットは従来と同じ、「Intel X99 Express」。UEFIのアップデートは必要だが、既存マザーボードでも使用できる。ただ、サポートするメモリークロックはDDR-2400に向上している。

 登場したのは「Core i7-6950X」(10コア/20スレッド/クロック3.00GHz/TB時3.50GHz/L3キャッシュ25MB)、「Core i7-6900K」(8コア/16スレッド/クロック3.20GHz/TB時3.70GHz/L3キャッシュ20MB)、「Core i7-6850K」(6コア/12スレッド/クロック3.60GHz/TB時3.80GHz/L3キャッシュ15MB)、「Core i7-6800K」(6コア/12スレッド/クロック3.40GHz/TB時3.60GHz/L3キャッシュ15MB)の4モデル。TDPはいずれも140Wで、CPUクーラーは別売になっている。

 型番末尾“X”ならびに“K”が表す通り、各モデルともCPUの倍率変更をサポート。従来のLGA2011-v3 CPUと同じく、サポートされるPCI Express3.0レーン数がモデルによって異なり上位3モデルが40レーンで、「Core i7-6800K」は28レーンとなる。

20万円台となっている「Core i7-6950X」(10コア/20スレッド/クロック3.00GHz/TB時3.50GHz/L3キャッシュ25MB)
パソコンショップ アークでは「Core i7-6950X」が20万円割り
BUY MORE秋葉原本店では、「Core i7-6950X」と「Core i7-6900K」が完売。「Core i7-6950X」は予約受け付け中で、明日6月1日に再入荷予定とのこと

 主なショップの価格は以下の通り。

価格ショップ
「Core i7-6950X」
19万9980円パソコンショップアーク
20万2824円ソフマップ秋葉原リユース総合館
20万9790円BUY MORE秋葉原本店(売切)
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
「Core i7-6900K」
12万7980円パソコンショップアーク
13万2624円ソフマップ秋葉原リユース総合館
13万4780円BUY MORE秋葉原本店(売切)
13万4784円ツクモパソコン本店(売切)
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
「Core i7-6850K」
7万4980円パソコンショップアーク
7万5384円ソフマップ秋葉原リユース総合館
7万9790円BUY MORE秋葉原本店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館
「Core i7-6800K」
5万2704円ソフマップ秋葉原リユース総合館
5万3480円パソコンショップアーク
5万3780円BUY MORE秋葉原本店
5万3784円ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ドスパラ パーツ館

 気になるパフォーマンスは【最大10コア/20スレッドのBroadwell-E登場!新Turbo Boostの挙動検証&全モデル比較】を参照してもらいたい。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中