このページの本文へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第93回

国内34社をはじめ、全世界230社以上のメーカーが参入を表明

ガンホーやコロプラも PlayStation VR、参入表明メーカー公開

2016年03月16日 19時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも。ゲーム担当の人 ちゅーやんです。
 既報ではありますが、ソニー・コンピュータエンタテインメントは「PlayStation VR(PSVR)」を2016年10月に発売すると発表しました。価格は4万8578円。私は発売日に購入しようと思っております。(関連記事

PS4本体よりも高いけど、HMDと考えれば安い

 多くの人がいちばん気にする点としては価格でしょう。「PlayStation 4(PS4)」の価格は500GBモデルならば3万7778円。PSVRは本体よりも約1万円高いという設定です。

 「周辺機器が本体より高いってどうなの?」と思うかもしれませんが、ほかのヘッドマウントディスプレー(HMD)に比べるとPSVRは安いんですよ。「Oculus Rift」は599ドル(約7万円)、「HTC Vive」は799ドル(約9万円)となっています。

Oculus RiftHTC Vive

 PSVRも決して安い買い物ではありませんが、本体と合わせて購入しても10万円でお釣りがくると考えればアリなのではないですかね。

妄想するだけで楽しみな参入メーカーの数々

 価格については置いておいて、私がPSVRを購入しようと思ったきっかけは、参入を表明したパブリッシャー・デベロッパーが発表されたから。

海外メーカーも超気になるううう!

 カプコンやコナミ、スクウェア・エニックス、セガなどのコンソールゲームメーカーは軒並み参入を表明しました。TwitterなどのSNSでは、フロム・ソフトウェアへの期待の声が高まっている様子。たしかに、アーマードコアがVRでプレーできなら遊んでみたい。
 個人的には、コナミの「プロ野球スピリッツ」がVRで遊べたら超絶おもしろいと思うんですけど、いろいろと大変そうですからね、プロ野球界が……。

 また、コンソールゲームメーカーだけでなく、ガンホーやGREE、コロプラ、Cygamesといったスマホゲームで活躍するメーカーの参入も発表。忘れてはいけませんが、KADOKAWAも入ってますからね!

E3や東京ゲームショウがいまから楽しみです

 3月16日現在では、「Rez Infinite」「RIGS: Machine Combat League」といったタイトルなどが2016年末までに50本以上発売予定。さらに、「Star Wars バトルフロント」のVRバージョンも控えているようで、もう楽しみで仕方ないです。

 ここで、さらに楽しみになってしまうのが、世界最大級のゲームイベントである「E3」(2016年6月14~16日)、そして「東京ゲームショウ」(2016年9月15~18日)。

 E3である程度のタイトルを発表し、発売目前の東京ゲームショウで各メーカーのブースでPSVRを体験……こんな流れが今年はできるのではないかと思っています。まぁ去年のPSVR体験ブースも超人気でしたけど。

 PSVRについては、公式サイトからメールマガジンを登録すると、先行予約販売開始や体験イベント情報などのニュースをいち早く手に入れられるようです。私はすぐに登録しました。
 PSVRに限らず、VRは実際に体験しないと感動を味わえないコンテンツです。PSVRはとくに注目している人が多く、おそらく体験会も人が殺到するでしょう。購入前に一度は体験しておくべきです。ということなので、みなさんメルマガ登録しましょうね。

VRをはじめて体験したときは「ウワッ!すげえ」という小学生並みの感想を言いました。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社