このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

注目スマホが続々と発表! MWC 2016レポート ― 第35回

MWCなのに全天周カメラが大盛り上がり!

最新360度カメラ「Gear 360」と「LG 360 CAM」をTHETA Sと比べてみた

2016年02月26日 10時00分更新

文● 中山智 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 MWC 2016のトレンドのひとつに挙げられるのが、360度全天周カメラだ。サムスンとLGエレクトロニクスのスマホ大手2社から、全天周カメラが登場。スマホを使ってVRを楽しもうというのが大きな流れになっている。

サムスンブースは発表会でGear VRを使うほどの力の入れよう

 サムスンの「Gear 360」、LGエレクトロニクスの「LG 360 CAM」のどちらもブースでの試用が可能となっていた。そこで同じく全天周カメラで先行するリコーの「THETA S」と比較して、その実力をチェックしてみた。

球体がキュートな「Gear 360」

 サムスンから発表された「Gear 360」は、THETAとは違い本体デザインは球体。三脚穴周辺は平らになっているので、三脚を外した状態でも自立は可能。オプションで小型三脚も用意されており、もちろん自前の三脚を取り付けて使用もできる。

テニスボールよりも一回り小さいサイズの「Gear 360」
オプションの三脚を着けた状態で、THETAよりも全高は低い

 本体頭頂部にはシャッターボタンを装備しているので単体でも撮影は可能だが、THETAと違い本体のレンズ部分を避けて持ちにくいので、映り込みを避けて撮影するにはスマホアプリから行なったほうがよい。

シャッターボタンは頭頂部。設定メニューなどを表示する小さなディスプレーも装備
本体側面には電源ボタンほかを装備
もう一方の側面はカバーが付いており、USB端子やmicroSDカードが利用可能

 THETAとの大きな違いは、IP53対応の防滴/防塵仕様な点。雨の日やプールなどの水辺などでも撮影できるのは大きなアドバンテージだ。

 また、NFCにも対応しておりスマホとの接続などに利用できるのも◎。WiFiだけに頼らず本体との接続が行なえるので、周囲に人が多い混雑した状況でもスムーズにスマホと連携させられる。

 撮影は静止画と動画に対応。スティッチ(360度写真への合成)は、スマホ側で行なうため、現状ではGalaxy S7 edge、S7、S6 edge、S6のみの対応となっている。

 また、スマホ側の操作アプリは、マニュアルモードも装備。露出やホワイトバランスの調整はスマホのアプリ側から行なえる。

専用アプリから操作している様子

 ほぼ同じ位置から「THETA S」とGear 360で撮影した写真を見比べてみると、合成時のつなぎ目が若干気になるが、テスト機のため発売までにどれだけ合成の精度を上げられるかがポイントとなりそうだ。

Gear 360で撮影
THETA Sで撮影

●Gear 360のスペック

  • センサー画素数 1500万画素×2
  • ストレージ microSDXCカード 最大128GB(内蔵なし)
  • 防水/防塵 IP53
  • 無線 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1、NFC
  • インターフェース microUSB 2.0
  • センサー 加速度センサー、ジャイロスコープ
  • 本体サイズ 66.7x56.2x60mm
  • 重量 153g(バッテリーを含む)
  • バッテリー 1350mAh

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART