このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第366回

クラウドに録画できるウェブカメラ「SpotCam-HD-Pro」を衝動買い!

2016年02月10日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
個人でも手が届くクラウド録画のウェブカメラ「SpotCam」が日本でも買える
個人でも手が届くクラウド録画のウェブカメラ「SpotCam」が日本でも買える

 筆者は、もうかれこれ20年くらい昔から、俗に言う“ウェブカメラ”を懲りずに何台も買い続けてきている。カメラで捉えた景色を手元のパソコンやスマートフォンからインターネット経由で覗くことのできるデバイスだ。

 今や死語となった「NAT超え」や「ダイナミックDNS」なんて気の遠くなるような設定作業のあった頃からずっとだ。

 そんなウェブカメラが大きく進化したのは、国内ではプラネックスコミュニケーションズが“P2P接続型”の極めて設定の優しい方式のウェブカメラを発売した頃からだ。

 筆者も速攻で「スマカメ」こと「CS-QR10」などを購入し、現在も愛用している。

 これら一連の同社のウェブカメラは、そのほとんどがカメラ本体内部にmicroSDカードスロットを内蔵しており、ウェブカメラが見ている画像を挿入したmicroSDカードの容量の許す限り、動画として記録できるのが一般的だ。

 筆者が現在使っているCS-QR10は、秋葉原でも1500円前後で入手できる32GBのmicroSDカードさえあれば、最大で192時間の動画録画ができてしまう。

 使用するメディアに関わらず、監視録画はカメラを設置した現場で記録・管理しているローカル型が一般的だ。今後のメモリー技術の向上で、より低コストながら録画時間はますます長時間対応になることは間違いないだろう。

 一方、録画されている映像を複数の人が色々な場所から同時にモニターしたり、映像の中の特定の人を検知したり、画像解析をして何らかの結果を導き出そうなどと考えるなら、より太い通信回線や強力なCPUパワーが必要になり、カメラ単体の機能だけではなかなか厳しい時もあるだろう。

 幸いにも、昨今は安くて速い通信回線のサービスがたくさん登場し、画像圧縮技術や機密管理の技術も進化した。

 テクノロジーの進化と回線の低価格化は、従来では極めて高価なシステムになってしまっていたクラウド録画方式のウェブカメラを極めてリーズナブルな価格で提供できるようになった。

 今回、筆者が衝動買いした商品は、そんなもう一方の選択肢であるクラウド録画に対応した、知る人ぞ知る「SpotCam-HD-Pro」だ。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン