このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第68回

次期プロセッサからはWindows 10のみのサポート

来年以降の最新PCにはWindows 7/8.1がインストールできなくなる?

2016年02月07日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィS Factory 編集●E島/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

WindowsブログでWindows 10とプロセッサの将来について解説している

監視報告
来年以降の最新PCにはWindows 7/8.1がインストールできなくなる?

 1月15日、マイクロソフトのエグゼクティブバイスプレジデントのTerry Myerson氏は、WindowsブログにWindows 10とプロセッサの将来について投稿した。その中で、Windows 7/8.1について気になる内容があったので報告しよう。

 現在のプロセッサ「スカイレイク(Skylake)」はWindows 7/8.1もサポートしているが、その後の開発コードを持つプロセッサはサポートしなくなるというのだ。つまり、Windows 7/8.1は今発売しているPCにはインストールできるが、来年に登場する予定の「Kaby Lake」やQualcommの「8996」、AMDの「Bristol Ridge」などは、すべてWindows 10のみのサポートになると言うことだ。

 Windows 7は2020年の1月14日、Windows 8.1は2023年の1月10日まで延長サポートが用意されているのに、なかなかご無体な処遇。もちろん、狙いはユーザーにWindows 10へ移行してもらうため。ブログでは「Windows 7はほぼ10年前に設計されたもので、最新のチップで動作するにはエミュレートが必要になる」と理由を説明している。

 また、Windows 7/8.1の「スカイレイク」搭載PCも、2017年7月17日以降は最も重要なセキュリティアップデートのみが、提供されるようになってしまうのも要注意。Windows 10は素晴らしいOSなので、ぜひアップグレードをお勧めするのだが、今回のマイクロソフトの対応はちょっと強引に感じるところだ。


これでズバッと解決!

 スカイレイクの次のプロセッサから対応OSはWindows 10のみになりそう。Windows 7/8.1のインストールはできるだろうが、不具合が発生する可能性は高い


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART