このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

週間リスキー ― 第31回

日本でも出て欲しい純正エントリーモデル

約1万7000円だけど満足度高! Windows 10 Mobile搭載のLumia 550がキタ

2016年01月29日 14時00分更新

文● 霜田憲一 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※週間リスキーはアックン・オッペンハイマーとやんちゃデジタルKidsたちがテクノロジーとサブカルチャーの交差点からお届けする、たいへんマニアックなコーナーとなっております。初見の方はご注意ください。

 最近、エントリーモデルばかりいじってるけれど、個人的にエントリーモデルの本命と言えるモデル、Microsoft製「Lumia 550」が到着。さっそく簡単なレビューをお送りする。

まずは開封して外観チェック!
付属品は必要最低限

 Lumia 550は、これまでの同640シリーズから切り替わる形になるWindows 10 Mobileが搭載された最新モデル。最新でありながら、150ドル以下(EXPANSYSでは1万7540円icon )で買えるクラスということもあって、現在最も人気のあるレンジのスマホだ。

 箱は最近のモデル定番のミニマムスタイル。お店で見かけたらすぐお持ち帰りできるサイズも良い感じ。安っぽくないのも個人的に◎。

個人的にはiPhoneよりも好きな箱の形。買って帰るときにかさばらない薄型の箱が良い

 箱の中には充電用のACアダプターとマイク付きのステレオイヤホンだけ。USBケーブルは同梱されていないので要注意。このモデルの購買層はPCにつなぐ機会は少ないからと考えてのことだろう。

見てのとおり、電話のサイズにピッタリ。横の余った部分にアダプター類が収納されている

 端末は昨今のエントリーモデル定番のバスタブ形状。裏蓋は一体成形で「パカッ」と外せるタイプ。バッテリーは交換式で型番は「BL-T5A(3.7V、2100mAh)」。Lumia 550シリーズ専用だ。これで待ち受け28時間とのこと。

見た目の造りはローエンドモデルの何か「ユルい」感じがするが、実際の造りはしっかりしている

 SIMスロットはひとつ。別モデルの「Lumia 550 Dual」ならばその名のとおり、2つのスロットがある。ほかにはマイクロSDXCにまで対応したカードスロット。個人的にはバッテリーを入れたままSIMやメモリーカードを脱着したいけれど、たぶんエントリーモデルだから、通電中の脱着が原因によるトラブルを避けるために、バッテリーを外してから脱着作業にしているのだろう。

Lumia 550にはSIMスロットがひとつ。隣に同形の凹みがあるので、Dualモデルも同じ形状なのだろう。SIMの交換にはバッテリーを外す必用がある

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART