このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ちゅーやんの「寝ても覚めてもゲームまみれ」 ― 第71回

初音ミクとのコラボイベントは1月29日より開始

会社の存続を懸けたスマホゲーム「クラッシュフィーバー」

2016年01月29日 13時00分更新

文● ちゅーやん

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今月7日に発表された「App Store、過去最高の売り上げを達成」の記事をご存知でしょうか。なんでも年末年始にApp Storeにおいてアプリ内課金アイテムにユーザーが支払った金額が約1298億8500万円以上を超えたというニュースです。2016年1月1日にはたった1日で170億円以上もの販売額を達成したとか。(関連記事

 星の数ほど配信されているスマホゲーム。昨年もたくさん配信されたわけですが、筆者が個人的にハマっているのはワンダープラネットが2015年7月に配信開始した「クラッシュフィーバー」。1月29日から「初音ミク」とのコラボイベントが開始します。
 ゲーム概要としては盤面に散りばめられたパネルをタップすると、つながっている同色のパネルが“ぶっ壊れ”、敵に攻撃するというゲーム。ざっくりというならば「ツムツム」にRPG要素を追加したモノ。

 そんな「クラッシュフィーバー」ですが、どこにハマる要素があったのか。それは“何をしても気持ちがいい”というところ。今回は開発者の方々にインタビューさせていただき、「クラッシュフィーバー」にかける思いを語っていただきました。

会社の存続を懸けたゲームをつくれ

── 本日はお忙しいところお時間をいただきありがとうございます。早速ですが、どのような経緯で「クラッシュフィーバー」を制作されたのでしょうか。

鷲見 政明氏:弊社(ワンダープラネット)では「クラッシュフィーバー」の制作の前に別のゲームを制作していました。ただ、正直に言いますとバズったタイトルではありませんでした。そんなときに、「会社の存続を懸け、名古屋から世界を目指すゲームをつくれ」 と命令があり、そこから「クラッシュフィーバー」の制作にとりかかりました。

── 前作もパズルRPGだったのですか。

鷲見 政明氏:そうですね。「クラッシュフィーバー」をパズルRPGにしたのは前作で培ったノウハウがあったためです。

プロデューサー&ゲームディレクター 鷲見 政明氏。

── なるほど。それでは「クラッシュフィーバー」の世界観を電子的な雰囲気にした理由はなぜでしょうか。

鷲見 政明氏:僕が好きだったからです(笑)。

── (苦笑)。

鷲見 政明氏:制作を開始した当時、電子世界の物語が流行っていて、好きな世界観だったことが大きいですね。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】今冬に買うべき最新カメラは?フォトキナ2016レポ

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社