このページの本文へ

CES 2016レポート ― 第8回

Core m7搭載、最大10.5時間駆動

レノボ「YOGA 900S」―薄さ12.8mm、999gの360度回転2in1ノート

2016年01月05日 17時07分更新

文● 鈴木誠史/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「YOGA 900S」

 Lenovoは現地時間1月4日、厚さ12.8mm/重さ999gを特徴とする2in1ノート「YOGA 900S」を発表した。最小構成価格は1099ドル(約13万円)で、3月に発売する。

 ディスプレーが360度回転する12.5型の2in1ノート。タッチ入力に対応しており、2048段階の筆圧を感知するアクティブペンをオプションで用意する。

厚さは12.8mm
「ウォッチバンドヒンジ」を採用

 最上位構成はCore m7、8GBメモリー、512GB PCIe SSDを搭載。OSはWindows 10 Homeを採用する。QHD(2560×1440ドット)のIPSディスプレーを搭載。バッテリー駆動時間は最大10.5時間だ。

 USB 3.0端子、映像出力対応USB 3.0端子(Type-C)、電源入力を兼ねたUSB 2.0端子、720pのカメラを備えている。無線規格はIEEE 802.11a/n/g/b/ac、Bluetooth 4.0に対応。本体サイズは幅305×奥行き208×高さ12.8mmで、重量は999g。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事