このページの本文へ

CES 2016レポート ― 第7回

暗い場所でもセルフィーが可能

レノボ、前面にもフラッシュ機能搭載のスマホ「VIBE S1 Lite」

2016年01月05日 17時01分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボは現地時間1月4日、スマートフォン「VIBE S1 Lite」を発表した。

 主なスペックは、5型IPS液晶ディスプレー(1920×1080ドット)、1.3GHz動作のオクタコアCPU、メモリーは2GB、ストレージは16GB。OSはAndroid 5.1。マイクロSIMとナノSIMのデュアルSIMスロットを搭載。対応LTEバンドは、FDD-LTE 1/3/4/5/7/8/20、TDD-LTE 38/40/41。無線LANは、IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0。

 カメラはリアが1310万画素、フロントが800万画素で、暗い場所でもフラッシュによりフロントカメラで自撮りが可能になる機能をそなえているという。バッテリー容量は2700mAh。

暗い場所でも、フラッシュライトを使いフロントカメラできれいに自撮りが可能だという

 本体サイズはおよそ幅71×奥行き145×高さ8.55mm。重量はおよそ129g。カラーはマットホワイトとマットブルーの2色。価格は199ドル(約2万4000円)で、発売時期は今年初め頃という。発売国は、レノボのスマートフォンが販売されている地域とのこと。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事