このページの本文へ

駅ナカ店舗のみながら、通勤途中の買い物ならばレジ前行列もすばやくバイパス

ファミマが駅ナカで「交通系電子マネー専用」セルフレジを開始

2015年11月30日 15時41分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ファミリーマートのセルフレジ

 ファミリーマートは11月30日、交通系電子マネー専用のセルフレジを京成電鉄の駅構内のファミリーマート店舗に順次導入すると発表した。

 顧客が自分でレジ操作(バーコード読み取り)を行なうセルフレジで、支払いはPASMOやSuicaなどの交通系電子マネー決済のみに限られる。バーコードのない新聞などでは画面のタッチパネル操作で購入操作する。1回の会計は1万円未満、酒類やタバコなどの商品では一部利用できないものもある。Tカードを通すことでTポイントを貯めることも可能。

 液晶画面を12インチと小型にすることで、売り場面積が限られた店舗でも設置が可能という。11月30日より京成電鉄の駅ナカ店舗「日暮里駅構内店」「京成八千代台駅構内店」、北総鉄道の「千葉ニュータウン中央駅店」に導入し、今後、京成電鉄沿線の店舗に順次拡大するなど、展開店舗を拡大するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART