このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第25回

買換えの判断基準は?

Windows 10にしたい「Vistaユーザー」はアップグレードでいい?

2015年10月30日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Windows Vistaは2007年に発売された

調査依頼
Vistaな人はアップグレードでいい? 買換えの判断基準は?

 まずは、Windows Vistaのスペック要件を確認してみよう。Vistaは、32ビット版と64ビット版の違いではなく、エディションによって要件が異なる。「Windows Vista Home Basic」だと、CPUが800 MHz以上、メモリーが512 MB以上、15GB以上の空き領域がある20GB以上のHDDとなる。Windows Vista Home Premium/Business/Enterprise/Ultimateエディションは、CPUが1GHz、メモリーは1GB。HDDは40GB以上となっている。

Vistaのハードウェア要件。Homeエディションのみ低スペックでも動作した
10のハードウェア要件。8年以上経っているが、それほど大きな違いはない

 「Windows Vista Home Basic」の最低要件だと、Windows 10のシステム要件は満たさないのでNG。Vista上位エディションの基準はWindows 10の32ビット版とほぼ同じ。32ビット版であればアップグレードできる。ただし、64ビット版のWindows 10の場合は、メモリーが最低2GB必要になる。1GBしか搭載していない場合は、増設もしくは買い替えということになるだろう。

10のパッケージ版はHomeでも1万3500円前後する

 VistaはWindows 10の無償アップグレードの対象ではないので、購入する必要がある。ちなみに、量販店などで発売されているパッケージのUSBメモリー版は、Windows 10 Homeが1万3500円前後、Proが2万4500円前後となっている。

税抜きで3万円を切る「Stream 11-r100」(日本HP)もお目見えした

 1円でも安く、ということであればVistaを10にアップグレードしたほうがいいが今時、量販店では4〜5万円で多数の製品が販売されている。先日、日本HPから安価な「Stream 11-r100」も登場している。11.6型液晶のノートPCで価格はなんと3万円。CPUは2GHzオーバーだし、メモリーも2GB。Windows 10 Homeだが、64ビット版だ。OS単体を1万3500円で買うくらいであれば、パソコンの買い替えをお勧めしたい。


これでズバッと解決!

 メモリーが1GB以上あればアップグレードできるが、最新パソコンの価格もお手頃なので買い替えをお勧め!


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART