このページの本文へ

スマホ機種変更前に読む! かんたん 各種アプリ&サービスのデータ移行・引き継ぎ方法 ― 第5回

「Dropbox」と「Evernote」のデータを新しいスマホでも使えるようにする

2015年10月29日 11時25分更新

文● mobileASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第5回 「Dropbox」と「Evernote」のアカウントを引き継ぎ

 ビジネスシーンで使っている人も多いクラウドサービス「Dropbox」と「Evernote」について紹介していこう。

 双方とも“クラウド”サービスだけに、データはすべてクラウド上のサーバーに保存されている。そのためデータの引き継ぎは、機種変更後にアプリを起動し、メールアドレスとパスワードを入力するだけでOKだ。ただ、一度ログインをしてしまえば、再入力を求められることはあまりなく、アドレスやパスワードを忘れてしまいがちだ。

 そこで今回は、利便性に優れ使用者も多いアプリ版でのメールアドレスやパスワードの確認・再設定方法などの手順を紹介していく。

「Dropbox」を移行する

 Dropboxではメールアドレスの確認は簡単にできるが、登録してあるパスワードの確認はできず、再設定するしかない。MNPでメールアドレスが変わる場合は、あらかじめ「Gmail」などに変更しておこう。

機種変更前にすること

 Dropboxに登録してあるメールアドレスを確認しておこう。

画面左上の横三本線のアイコンをタップすると登録してあるメールアドレスを確認できる

機種変更後にすること

 Dropboxをインストールしたら、メールアドレスとパスワードを入力すれば、これまでと同じようにクラウドに保存されたデータを使うことができる。ここではパスワードを忘れてしまった場合について説明する。

アプリを起動し、「ログイン」をタップすると、メールアドレスとパスワードの入力画面に変わる。パスワードを忘れてしまっている場合には「ログインでお困りですか?」をタップする
「パスワードを忘れた場合」をタップするとパスワードのリセット方法の送信先を確認する画面に変わる。メールアドレスを入力して「パスワードをリセット」をタップする
指定したアドレスにDropboxからメールが届いているので、新しいパスワードを設定するために「こちら」をタップし、新しいパスワードを設定する。あとは、ログイン画面に戻ってこのパスワードを入力すればログインできるようになる

Evernoteを移行する

 「Evernote」も、「Dropbox」同様、登録してあるメールアドレスかユーザー名と、パスワードを入力すれば、データ引き継ぎは簡単に完了する。ただ、こちらも最初にログインを完了すれば、その後は入力するタイミングがないので、忘れてしまっている人も多いだろう。そんな人のために、メールアドレス・ユーザー名・パスワードの確認・再設定方法とともに、データの引き継ぎ方法を紹介していく。

機種変更前にすること

Evernote画面右上の点が縦に3つ並んだアイコンをタップし、「設定」をタップする
「アカウント情報」をタップするとアカウント情報が見られる。ユーザー名や登録してあるメールアドレスもここで確認できる。パスワードを見ることはできないので、忘れてしまっている場合には一度サインアウトしてパスワードをリセットするか、機種変更後のログイン画面で設定し直そう

機種変更後にすること

Evernoteをインストールし、機種変更前に登録していたメールアドレスかユーザー名とパスワードでサインインすれば今までどおり使うことができる。パスワードを忘れてしまっている場合には「パスワードを忘れたら」をタップする。次の画面で「パスワードのリセット」をタップすると登録メールアドレスにリセットのメールが送信される
送られてきたメールを開き、「パスワードを再設定」をタップすると新しいパスワードの設定画面に変わるので、新たなパスワードを設定しよう。あとはそのパスワードでサインインすれば新しいスマートフォンでも機種変更前と同じようにデータ類を使うことができる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART