このページの本文へ

初披露の蔵出し展示は必見! 歴代カメラ勢揃いの「ニコンミュージアム」がオープン

2015年10月16日 14時37分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ニコン歴代のカメラ&デジカメが並ぶ「ニコンミュージアム」
ニコン歴代のカメラ&デジカメが並ぶ「ニコンミュージアム」

 ニコンが10月17日にオープンする「ニコンミュージアム」。そのオープニングセレモニーおよびプレス向け内覧会が10月16日に開催された。

 ニコンミュージアムは2017年7月に同社が創立100周年を迎えるにあたり設立された施設で、本社(品川インターシティ C棟)の2階にある。入場は無料で、平日の10~18時まで開館している(日曜、祝日および一部の日は休館)。

入口近くでは、世界最大級のガラスインゴットがお出迎え!入口近くでは、世界最大級のガラスインゴットがお出迎え!
1950~60年代の製品。懐かしいと思われる人も多いのでは…… 1980年代後半から90年代にかけての製品
1950~60年代の製品。懐かしいと思われる人も多いのでは……1980年代後半から90年代にかけての製品
1990年代後半の製品 2000年代の製品
1990年代後半の製品2000年代の製品

 館内にはカメラはもちろん、バイオ・医療機器や半導体関連装置、天体望遠鏡など、同社のさまざまな事業の100年の歩みを学べる展示が並んでいる。ごく一部ではあるが、その展示品を写真で紹介する。

ドイツ人技師をスカウトし、1921年に国内工場に配置。レンズの光学設計や試作を行なった 1931年に誕生した「NIKKOR」レンズ。当時の社名の略称(日本光学工業→日光)に写真レンズの末尾によく使われていた「R」を足したのが名前の由来
ドイツ人技師をスカウトし、1921年に国内工場に配置。レンズの光学設計や試作を行なった1931年に誕生した「NIKKOR」レンズ。当時の社名の略称(日本光学工業→日光)に写真レンズの末尾によく使われていた「R」を足したのが名前の由来
もちろん、レンズの展示コーナーもある 世界最長の焦点距離を持つズームレンズ(1990年)。1200~1700mm
もちろん、レンズの展示コーナーもある世界最長の焦点距離を持つズームレンズ(1990年)。1200~1700mm
ニコン初の小型カメラ「Nikon Model 1」(1948年)。Nikonブランドが初めて使われた 本邦初公開となる、Nikon Model 1の試作機。20台しか作られなかったそうだ
ニコン初の小型カメラ「Nikon Model 1」(1948年)。Nikonブランドが初めて使われた本邦初公開となる、Nikon Model 1の試作機。20台しか作られなかったそうだ
同社初のレンズ交換式一眼レフ「ニコン F」(1959年) ニコン Fにコンツールファインダーを組み込んだ試作機。こちらも初公開とのこと
同社初のレンズ交換式一眼レフ「ニコン F」(1959年)ニコン Fにコンツールファインダーを組み込んだ試作機。こちらも初公開とのこと
世界初のオートフォーカス機構試作機(1971年)。最近倉庫から発見されたものらしい 2群という最小限の構成を実現したワイドズームレンズ(1960年)。ただし、カム構造の問題などで発売はされなかった
世界初のオートフォーカス機構試作機(1971年)。最近倉庫から発見されたものらしい2群という最小限の構成を実現したワイドズームレンズ(1960年)。ただし、カム構造の問題などで発売はされなかった
鏡筒前面にライトを埋め込んだ医療用ズームレンズの試作機(1976年)鏡筒前面にライトを埋め込んだ医療用ズームレンズの試作機(1976年)
半導体関連装置や顕微鏡といった展示品もある
レンズの仕組みを学べる子供向け展示コーナー
双眼鏡の歴史も一目でわかる お土産の購入も可能。ミュージアム限定品の「ニコン一口ようかん」や、ミュージアム先行販売となる「ナノブロック Nikon F」など
双眼鏡の歴史も一目でわかるお土産の購入も可能。ミュージアム限定品の「ニコン一口ようかん」や、ミュージアム先行販売となる「ナノブロック Nikon F」など
オープニングセレモニーの様子。左から、初代館長を務める執行役員の今 常嘉氏、日本カメラ財団の理事長を務める森山 眞弓氏、ニコン取締役社長の牛田一雄氏
オープニングセレモニーの様子。左から、初代館長を務める執行役員の今 常嘉氏、日本カメラ財団の理事長を務める森山 眞弓氏、ニコン取締役社長の牛田一雄氏

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART