このページの本文へ

「DA-200」の後継機

ラックスマン、D/Aコンバーターの最新モデル「DA-250」 

2015年10月16日 11時52分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラックスマンは10月16日、D/Aコンバーター「DA-250」を発表した。発売は2015年11月下旬を予定しており、予想実売価格は18万3600円。

 ラックスマン初のUSB D/Aコンバーター「DA-200」のコンセプトと筐体サイズはそのままに、USB入力が最大192kHz/32bitのPCMデータと、DSDデータ (2.82M、5.64MHz)に対応、S/PDIF入力が最大192kHz/24bitのPCM信号に対応。

 DACチップには、32bitデジタルフィルター内蔵のTI社製PCM1795を採用した。発振周波数付近のノイズを低減し、高精度・低ジッターのクロックを発生する、低位相雑音クロックモジュールを44.1k/48kHz系列のそれぞれに独立搭載している。

背面。CDプレーヤーやAV機器のデジタル出力を接続するため、USBのほかにもデジタル入力 (同軸1系統、光2系統)を用意

 アナログの出力は固定 (FIX)/可変(VARIABLE)が選択でき、可変出力時にはセパレート型パワーアンプやアンプ内蔵スピーカーと直結させたシステムアップが可能。また、電子制御音量調節アッテネーターである「LECUA」をヘッドフォン/ライン出力のそれぞれに独立搭載し、小音量時のレベル偏差を廃した高精度の音量操作が可能だという。

 ヘッドフォン出力には、新たにディスクリートバッファー回路を追加することで、駆動力を大幅にアップしているという。また、リモコンで操作可能な2種類の入力感度切替も用意。

リスニングポジションからの音量操作や入力切替やりやすいカードタイプの小型リモコンが付属する

 本体サイズはおよそ幅364×奥行き279×高さ81mm、重量はおよそ5.4kg。

主な仕様

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART