このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー ― 第16回

軽くてシャープな描写のカールツァイス「Batis 2/25」

2015年10月13日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カールツァイスBatis 2/25
カールツァイスBatis 2/25

 周辺機器にかろうじて足をかけている気もするが、またレンズである。今回はカールツァイス「Batis 2/25」。ソニーのフルサイズEマウントに対応するサードパーティー製レンズだ。

 現状ソニー直系レンズ群において、まともな広角単焦点がないため、貴重な存在である。価格は15万前後になっており、カールツァイスのレンズ群からすると、比較的リーズナブルなゾーンに位置しているといえるだろう。

軽くてお散歩向けの広角単焦点レンズ

 Batis 2/25は、Distagonタイプ(同社の逆望遠型の広角レンズ製品)で、8群10枚の構成になる。フィルター系は67mm、重量は335g、F値は2~22、最短撮影距離20cmといったベーススペックだ。

 デザインはTouitシリーズを踏襲しており、兄弟レンズであるBatis 1.8/85と比べると、ガラスレンズの集合体的なみっちり感はやや少なめだ。

小さいカバンにも楽に収まる点がとてもいい小さいカバンにも楽に収まる点がとてもいい

 レンズ自体のサイズはレンズキャップ込みで92mmと、焦点距離25mmながら接写も耐えるといった部分で、広角というわりに意外とシーンを選ばない。

 そのため、旅行に適するほか、とりあえず、持っていくレンズにもちょうどいいだろう。またレンズ重量は335gと軽量であるため、α7シリーズユーザーであれば、なるべく軽いシステムがいいというか、その軽さになれてしまってαマウントボディーを持つと「うへぇ……重い」と感じてしまう体になっている人もいるハズで、そういった人にもオススメできるものだ。

遊び心しかない有機ELディスプレー

「そういえば、そんな機能あったな」くらいの距離感な印象。太陽光下でも視認性がいいあたりは、さすがの配慮だ「そういえば、そんな機能あったな」くらいの距離感な印象。太陽光下でも視認性がいいあたりは、さすがの配慮だ

 レンズには有機ELディスプレーが搭載されている。MFもしくはDMF時のみに点灯し、合焦距離と被写界深度が表示されるというもので、遊び心しかないものだ(笑)。

 スナップのときはまず使用することはないが、三脚を用意して風景を切り取りたいときには、理由不明の楽しさがあるため、ときおり、試したくなる人が多そうな印象だ。

(次ページに続く、「開放からシャープでコントラストがノリやすい」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART