このページの本文へ

物理+仮想を柔軟/迅速に組み立て、あらゆるワークロードに対応するIT基盤目指す

「仮想化の一歩先へ」HPがコンポーザブル・インフラ製品を発売

2015年09月30日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカードは9月29日、同社の「コンポーザブル・インフラストラクチャ」ビジョンに対応し、その構成要素となる管理ソフトウェア「HP OneView 2.0」および「HP Helion CloudSystem 9.0」を発売した。物理+仮想リソースを柔軟かつ迅速に組み立て可能なインフラの実現を目指す、同ビジョンの“第1フェーズ”がスタートする。

日本ヒューレット・パッカード エンタープライズグループ事業統括 HPサーバー製品統括本部 統括本部長の橘一徳氏日本ヒューレット・パッカード HPサーバー製品統括本部 エンタープライズサーバービジネス開発部 部長の中井大士氏
コンポーザブル・インフラストラクチャを構成する製品の第1弾として「HP OneView 2.0」や「HP Helion CloudSystem 9.0」などが発売された

「仮想化の一歩先」を志向する、コンポーザブル・インフラとは

 コンポーザブル・インフラストラクチャ(Composable Infrastructure)は、米HPが今年6月の「HP Discover」で発表した、エンタープライズ市場における新しいITインフラビジョンだ。企業における幅広いワークロードのニーズに、柔軟かつ迅速に対応できる汎用的なITインフラを、“Software-Defined”の力で実現していくものとなる(関連記事)。

 日本HP HPサーバー製品統括本部 統括本部長の橘一徳氏は、「柔軟性とスピードを有する“新しいプライベートクラウド環境”を実現していくのが、コンポーザブル・インフラのビジョンである」と説明する。「仮想化技術はITインフラの世界に大きなインパクトを与えた。だが、われわれは『仮想化の一歩先』を志向していかなければならない」(橘氏)。

 コンポーザブル・インフラの大きな特徴は、仮想リソースだけでなく物理リソースも単一のコンソールで統合管理可能になる点にある。業務アプリケーションなど従来型のビジネスワークロードは、仮想化されたITインフラへの統合ができた。しかし、Hadoopクラスタによるビッグデータ解析など、物理リソースを必要とする新しいワークロードが登場した結果、それらのためのITインフラを別途用意し、維持しなければならなくなっている。コンポーザブル・インフラの実現によって、この課題が解決できるというわけだ。

Hadoopクラスタやオブジェクトストレージなど、仮想化基盤で扱えないワークロードは結局、個別に用意した物理IT基盤で運用する必要があるのが現状だ
コンポーザブル・インフラでは、あらゆるワークロードに対応できるインフラが柔軟・迅速に“組み立て”可能になる

 HPでは4つのフェーズに分け、コンポーザブル・インフラを実現するための中長期的な製品/ソリューション開発プロジェクト「Project Synergy」を進めている。最終的には、巨大かつ柔軟な物理リソースプールを実現する次世代コンピューター“The Machine”(関連記事)の技術との統合を果たす計画だ。

コンポーザブル・インフラ実現のための製品/ソリューションを開発していく「Project Synergy」は4つのフェーズに分かれている

Helion CloudSystemやChefから物理サーバーをプロビジョニング

 同社エンタープライズサーバービジネス開発部 部長の中井大士氏は、コンポーザブル・インフラにおけるHP OneView 2.0とHP Helion CloudSystem 9.0の役割を説明した。

コンポーザブル・インフラにおけるOneView、Helion CloudSystemの役割。OneViewはインフラ(物理ハードウェア)レイヤーを、Helionはサービスレイヤーを管理しているが、HelionからOneViewへAPI経由で物理サーバープロビジョニング指示が可能になった

 ITインフラの統合管理/セットアップ自動化ツールであるOneViewは、「HP BladeSystem」「HP ProLiant」サーバーや「3PAR StoreServ」ストレージなどの一元的な監視やセットアップを行う。新版の2.0では統合APIが実装され、このAPIを介してHelion CloudSystemなどのソフトウェアと連携できるようになった。これにより、あらかじめOneView上でテンプレート化されている物理リソース構成を、Helionなど上位のツールからの指示に基づいて動的にプロビジョニングできる。

 Helion CloudSystem 9.0は、“Juno”ベースのOpenStackを採用したプライベートクラウド基盤ソフトウェアである。上述したOneView連携による物理サーバープロビジョニングのほか、VMwareやHyper-V、Linux KVMのハイパーバイザ(仮想化)環境、AWSやAzureといったパブリッククラウド環境も合わせ、統合管理することが可能だ。

 さらにHPでは、OneViewのAPIに対応するサードパーティツール/ソフトウェア群のパートナープログラムも開始しており、すでに「Chef」が対応している。今後、ヴイエムウェアやマイクロソフト、パペットなど、対応するツール/ソフトウェアをさらに拡大していく方針。

発表会でのデモ。OneView上で定義したサーバー構成(左画面)を、Helion CloudSystemのデプロイツールで呼び出し、このサーバーへのOSやMySQLの自動インストールを設定している(右画面)

 なお現状では、Helionなどの上位ツールからAPI経由で実行できる物理プロビジョニングは、あらかじめOneView上で定義された構成のみとなる。これについて中井氏は、より抽象的な指示に基づくより柔軟なリソース切り出しを可能にすることは、将来的な検討課題になっていると語った。

 「コンポーザブル・インフラの第一弾製品として、まずはソフトウェア環境をしっかり用意することからスタートした。重要なのは、いずれも既存ソフトウェアのバージョンアップであり、まったく新しいソフトウェアが必要というわけではないこと。またハードウェアも既存のProLiantサーバーなどに対応している」(中井氏)

 なお、コンポーザブル・インフラによる自動化インフラ環境の構築や運用を支援する「HPデータセンターケア インフラストラクチャ オートメーション(DC-IA)」も発表された(2015年中に提供開始予定)。24時間保守サポートのほか、Chefとのパートナーシップに基づく自動化やコード化のアドバイス、レビューなどのサービスを提供する。

コンポーザブル・インフラの構築や運用を支援するサポートサービス「HPデータセンターケア インフラストラクチャ オートメーション」も発表

 希望小売価格(税抜)は、OneView 2.0が7万9000円から、Helion CloudSystem 9.0が19万9000円から(10 OSインスタンスライセンス)となっている。DC-IAは個別見積もり。

 なお同日、2Uサイズに最大4サーバーノード/96コア、2.5インチHDD/SSD×24本を搭載する中規模仮想環境向けアプライアンス「HP ConvergedSystem 250-HC StoreVirtual System」も発売された。Software-Defined Storage(SDS)のStoreVirtualやVMware vSphereなどがプリインストールされており、仮想サーバー50~100台の環境をすぐに構築できる。希望小売価格は1707万6000円から。

「HP ConvergedSystem 250-HC StoreVirtual System」は2Uサイズの筐体に4ノードのサーバーやストレージ、仮想化環境、管理ツールなどが統合されたアプライアンス

カテゴリートップへ

ピックアップ