このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

電撃ASCIIアイドル部 ― 第22回

ULTRAGIRLが秋葉原のおすすめスポットを案内

「ULTRAGIRL」が女子を虜にする「赤から」の辛さの魅力に迫る!

2015年09月14日 17時00分更新

文● 荒井敏郎 写真●Yusuke Homma(カラリスト:芳田賢明)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4人組のアイドルグループ「ULTRAGIRL」が秋葉原の面白スポットを紹介します。今回は、麻生智世、新井郁花、広瀬光悠の3人で、「赤から秋葉原中央通り店」を訪問。人気の赤から鍋をいただきました! もっとも辛い「赤10番」は、果たして食べきれたのでしょうか? そして、鍋のシメは何を選んだのでしょうか? おいしそうに食べるメンバーに注目です!

1度だけメンバーみんなで行ったことがあるという「赤から」。2015年3月にオープンしたばかりの、「赤から秋葉原中央通り店」におじゃましました
頼んだのは、名物「赤から鍋」でもいちばん人気の「赤3番」。辛さもうま味もバランスよく感じられるレベルです
ウーロン茶で乾杯! のあとは、できあがりまでじっくり待ちます
みーちゃん(広瀬光悠)は辛いものがちょっと苦手とのことで、赤3番でも「辛い」とのことでした
もっとも辛い「赤10番」の赤から鍋がやってきました
「辛いかも」と言いながら、辛いものが好きなともろん(麻生智世)は見事完食。「おいしかった!」とのことですが、汗だくです(笑)
ふみちゅん(新井郁花)もみーちゃんも赤から鍋のおいしさに大満足! シメはラーメンからのチーズリゾットでしたが、チーズリゾットは大絶賛でした
デザートの「いも娘」は、暖かいスイートポテトの上にアイスが乗ったもの。こちらも好評でした

(次ページ、「トッピングを入れて、自分好みの鍋にしたい!」に続く)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社