このページの本文へ

美少女フィギュアに声をつけるデバイスという可能性

2015年08月26日 17時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネット・オブ・シングス、モノのインターネット。それはすべてがインターネットにつながり、モノとヒトが情報を平等にやりとりする時代。

 なんて言われてもカタカナだらけでさっぱりイメージできない。いちばんピンと来るのはロボットだ。ソフトバンクのPepperもそうだし、Siriのような人工知能をモノに宿せば「インターネット・オブ・シングス」になる。

 デザイン家電amadana出身のコンセプトチームamidusが進めている『プロジェクトNe-Ne-』も、ロボットに対するアプローチの1つだ。Ne-Ne-が対象としているのは、こちこちのロボットではなくふわふわのぬいぐるみだ。

 子供のぬいぐるみにデバイスを入れてあげると、鳴いたりしゃべったりして、子供とコミュニケーションをとるようになるというもの。ポイントはデバイスが後付けで、大好きなぬいぐるみがしゃべるという話。

プロジェクトNe-Ne-より

 広告業界の方が考えただけあってオシャレだなあと感じるのだが、わたしの心が濁っているためか、どうも「『そこはだめぇ』さわると声が出る抱き枕」を思いだしてしまい、そしてより強力なフォースを感じてしまう。

 たとえば「声が出るフィギュア」はあるが、すでに持っているフィギュアに後付けで声をつけるデバイスという可能性が考えられるのではないか。ダウンロード課金にすればバラ色の夢がひろがるのではないか。

 amidusでちょうど新規プロジェクトを募集しているという話もあった。プロジェクトNe-Ne-のみなさんにおかれましては、ぜひ大人のぬいぐるみ案件につきましても前向きにご検討いただきたくよろしくお願いします。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社