このページの本文へ

余剰ランナーがまったくないプラモデルと考えても驚異的な技術なのでは

バンダイ、プラモを超えた新プラモ「超次元変形フレームロボ」発表

2015年06月17日 18時00分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
超次元変形フレームロボ(左より「ガイアフレーム」、「マーズフレーム」、「マーキュリーフレーム」、「フレームフォーム」)  

 バンダイは6月17日、新感覚組み立てホビー「超次元変形フレームロボ」を発表、9月に発売する。

 プラモデルのような枠(ランナー)にパーツが付いているのではなく、枠(フレーム)自体がすべてロボのパーツとなっているのが特長で、プラモデルのように余剰ランナーが存在しない。平面状の「フレームフォーム」から半立体的な「ウェポンフォーム」、ロボットの「ロボフォーム」組み立て/変形させたのち、フレームフォームに戻すことも可能(一部は切り取るので完全には元に戻らない)。

フレームフォーム、ロボフォーム、ウェポンフォームと変形する 

 フレームフォーム時のサイズは200×200mm、ロボフォーム時は全高約110mm。3種が用意され、価格は540円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART