このページの本文へ

子どもの心を忘れない大きなお友だち向けの製品もいっぱいすぎるのも問題な気がするのだが

今年も東京おもちゃショーには「大きなお友だち向け」充実

2015年06月19日 20時00分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フルCGでリメイクされた「サンダーバード」もTV放送が決定、タカラトミーより商品化が決定。「サンダーバードひみつきち」ジオラマもあるなど、一定以上の年齢層を狙い撃ちだ

 東京ビッグサイトにて「東京おもちゃショー2015」が6月20日から一般公開される。子どもの心を忘れない大きなお友だちへの見どころを紹介しよう。

バンダイ「DV超合金魂グレートマジンガー」タカラトミー完全変形トランスフォーマー「バンブルビー」 
タカラトミーが開発中の高品位ドール「赤毛のアン」。バンダイはセーラームーンを題材とした大人の女性向けの商品展開をしているなど、大人の女性もターゲットになりつつある

 ここ数年、オモチャ業界のメジャータイトルなかで大きな比重を占めつつあるのが大人向け高額商品。6月17日のプレスデーに会場にて発表されたバンダイ「DX超合金魂グレートマジンガー」(5万3784円)や完全変形トランスフォーマー「バンブルビー」(身長約1.3m、市販化予定)など、いかにも子供の心を持ったオトナ向けな商品が目立つ。技術を凝らした製品には確かにいい大人が夢中になるのもやむを得ないところではある。

タカラトミー「リニアライナー 超電導リニアl0系スペシャルセット」タカラトミーの赤外線で走行&銃撃バトルロボ「ガガンガン」(後ろは3mロボ『クラタス』)

 もちろん技術的に凝ったものも続々登場している。タカラトミーの「リニアライナー 超電導リニアl0系スペシャルセット」(3万7800円)、本当に磁力浮上するオモチャ的なものならば学習教材などですでに販売されているので目新しくはないようにも思っていたのだが、実際に走行しているところを見ると思いの外に高速かつ滑らかな走りっぷりに驚かされる。

フライングトイやハコスコVRなども登場

シー・シー・ピーの「ナノファルコン・デジカム」シー・シー・ピーの「ブイトールウィング」(ティルトローター式にVTOLする) 
ハピネットが輸入販売するHOVERTECH製ドローン撃ち落としトイ(発売予定)。天井や壁に当たらないよう自動浮遊するドローンにウレタン弾を当てると停止・落下(自動着陸)する。ドローンはまったく操縦せず、落ちるまでの命中数設定可能 

 また、従来からあったフライングトイ(メディアとしてはドローンと呼ぶだろうが)にしてもジャイロやセンサーなどの制御技術のおかげで飛行性能を着実な進化させている。あくまでオモチャとしてのレベルながら、一昔前のちょこちょこっと飛ばして楽しむだけではなく、飛ぶのは当然、その先を楽しむことが玩具としてのポイントだろう。注目なのはシー・シー・ピーの「ナノファルコン・デジカム」。指先でつまめるほどの機体だが30万画素(リアルタイム画像伝送機能はない)ながらもカメラを搭載。機体を折りたたんでプロポ内に収納、しかもその状態でもカメラとして利用できるのも面白い。

ついにハコスコもオモチャに! メガハウス「BotsNew(ボツニュー)」アーテックが昨年より同社のブロック玩具に導入したコントロールボード「Studuino」(Arduino互換)

 キッズタブレットやキッズスマートウォッチなど時代の流行に合わせたさまざまなトイも登場するなか、VR的なシロモノや自作・学習系などさまざまなものが並ぶ。子供はもちろん大人まで楽しめる(最近は大人のほうが楽しんでいる気もするが)オモチャの文化を見に行ってみよう。

バンダイの「超次元変形フレームロボ」。ランナーが存在せずパーツがすべて繋がっているプラモデルスナップフィットだけでロボに変形。関節部もはめ込みに加えて球体関節風な部分もある。
カワダのナノブロックも続々と新モデル(自由な組み立てができるブロック玩具に新モデルというのも変だが)。サンリオキャラや初音ミクまでキャラクター展開しつつある
■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社